輸入ビジネスで成長するには、まずはリサーチを徹底的に!

rapid_growth

輸入ビジネスを拡大していく為に、

必要なステップがあります。

何回かに分けて書いていこうかと思います。

月利10万への道

以前月利10万までの道筋をおおざっぱにですが記載しました。

今、月利10万もいってないよ〜という方は、

頭に刻み込んでもらいたいのですが、

その時期が一番大変です。一番つらいです。

月利10万達成したとします。

次に、月利50万達成までにはその労力の5倍かかる…

というのは間違いです。

やればやるほど労力は減っていきます。

また、人が何かを辞める時は先にある「自分」が想像できないからだと思います。

輸入ビジネスを始めた頃は、「商品は本当に売れるのか…」

商品が売れた頃は、「本当に利益が出るのだろうか…」

利益がで始めた頃は、「月利10万にいくのだろうか…」

このように先に成長していく自分のイメージが、

わかないので不安に襲われ辞めていく方もいます。

私が継続できた理由は、先に進んでいる先輩方のブログを見てイメージをして。

また、実際にお会いして自信満々の姿を見たこと。

これが非常に重要だったと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

輸入ビジネス成長ステップ

とにかくリサーチ!リサーチ!リサーチ!!

まずは徹底的にリサーチをしましょう。

はじめにオススメなのは、セラーリサーチです。

実際に輸入品を販売しているセラーを見つけ、

同じ商品を探す→仕入れる→売る。

これの繰り返しです。

この時点で重要なのはとにかく量。

とにかく時間です。

効率よく見つけようというのは考えないほうが良いです。

はじめはツールを使わないほうが良いと言われていますが、

私の考えはどちらでもOKです。

最終的には同じところに辿り着きます。

仕入先

仕入先はAmazon限定でOKです。

(欧米輸入の場合)

将来的にはAmazon仕入れはオススメできないのですが、

はじめのステップではAmazonが最適です。

他からの仕入れをしてもよいですが、

労力が多くかかります。

はじめの段階では量を重視した方が良いため、

一番商品の発見が簡単&仕入れが楽なAmazonを利用しましょう。

リスト作り

エクセルを利用して管理シート作成をしていきましょう。

そのシートにリサーチで見つけた商品データを記録していきます。

入力する項目は、自由でOKです。

もし何を入力したら良いかわからない場合は、

・商品名

・ASIN(日米両方とも)

だけでOKです。非常に簡素ですが理由は後ほど記載します。

エクセルデータ改良

輸入ビジネスは利益管理がすごーく難しいです。

※理由はそのうち記載します

リサーチのたびに手計算をしていると、

とても手間になります。

・日本の価格

・アメリカの価格

・重量

を入れたらだいたい利益率を計算できるようにしておきましょう。

ドル円、重量あたりの金額、関税を数式で組み込みます。

ここで1円単位で細かく計算しようとする方がいますが、

あまり推奨しません。1円単位でやるには相当の労力がいるので、

効率が悪くなります。10円単位までならずれてもOKと考えるのが楽です。

仕入れ

クレジットカードの締め日がすぎたら仕入れを行います。

その際にためておいたリストを活用していきます。

リストを活用し、仕入れ日時点で利益が取れる商品を仕入れていきます。

とにかく反復作業

ここが一番大変だと感じる理由はとにかく反復するからです。

物販で利益を得るには、必ずリピート商品が必要です。

毎回新規商品では身も心も持ちません。

リピートをするには必ず一度は商品を販売しなければいけません。

はじめはとにかく量です。

一番大変ですが、負けないようにしましょう。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です