輸入ビジネスでの最終ステップ〜転売を越えていく〜

pgj (1)-01

輸入ビジネス成長ステップ3 仕入れ強化

続きです。

今日がラストです!

スポンサーリンク

輸入ビジネス成長ステップ4

ステップ3までは大体みなさん同じ順序で進みますが、

ここからはそれぞれ道が別れます。

ステップ2までは練習、

ステップ3で本番。

ステップ4で自分の道を進みます。

ワンピースやナルトのキャラクターも、

通常の戦闘スキルは全員が持っていて、

それぞれ自分にあった戦い方をしています。

まさにここからは自分で道を切り開いていくしかありません。

ステップ4の一例

仕入国を増やす

今まではアメリカ仕入れだけだったのを、

中国・欧州にも目を向けます。

ebayの使用は欧州も一緒です。

中国はタオバオもありますが、アリエクスプレスでは少量の輸入も可能です。

転送会社を見直す

今まではMYUSを利用していましたが、

最近では新しいサービスを提供する会社も増えてきています。

固定概念に縛られず対応していきましょう。

物量が増えてきたら配送契約を結ぶ

DHLと配送契約を結ぶことにより、国際送料を抑えることができます。

私はこのステップを踏んでおりませんので詳しいことはお伝え出来ませんが、

相当有効な手段かと思います。

しかし、相当な物量を取り扱う必要があるので自分のスタイルに合わない方は

やめておいたほうがよいでしょう。

スタイルはどれ?自分に合ったスタイルを見つけるべし。

直送も取り入れる

転送会社経由で仕入れていたものを、

仕入先から直接送ってもらうことも有効です。

Amazonで購入したものを送るのはさほど意味はありませんが、

ステップ3で取引を増やしていった業者からの直送はメリットだらけです。

価格低下、届くまでの速さ、MYUSをはさまないことによる品質維持。

そして忘れがちですが商品によっては関税を払わなくてすみます。

時計であれば無税です。MYUSでは徴収されるものが直送ではなくなります。

FBA納品を見直す

副業であればFBA納品代行業者を利用している方も多いかと思います。

専業になるのであれば、私はおすすめしていません。

私も副業時代に利用していましたが、物量が増えれば増えるほど、

自分には出来ないと思い込んでいました。

いざやってみると作業量はたいしたことありません。

時間をお金で買う、という考えはあるかもしれませんが、

計算上、月利80万以上でないと割にあわない事になります。

まずは自己発送を考慮しましょう。

田舎に住めば広い部屋が、安い家賃で借りれます。

おすすめですよ、田舎暮らし!

返品を見直す

Amazon販売をしていると、どうしても返品は発生します。

ここで選択肢が3つあります。

・返品されにくい商品を取り扱っていく

・返品されても手間が少ない&ダメージを少なくする方法を考える

・返品は無視して他で利益を取る

どれも正解だとは思いますが、

私は「返品されても手間が少ない&ダメージを少なくする方法を考える

にしています。

返品になったものはFBA納品前に一括で返送手続きをとります。

届き次第シュリンクなどで再包装し、中古で登録し、

いっしょにFBAへ発送します。

当然利益額は減りますが、手間をかけないことを再優先しています。

ヤフオクで1円出品で損切り

このような手段を取る方がいますが、

私は絶対にやりません。そして、おすすめしません。

出品、発送の手間のわりに入ってくる金額は少ないです。

損切りしたことで気持よく終えることが出来るでしょうが、

時間と労力に見合わないことはやるべきではありません。

数値管理の徹底化

独立すると会社員と違いキャッシュフローが著しく悪くなります。

家族が暮らしていく生活費を捻出するだけでなく、事業を拡大していくために

投資が必要になっていきます。そのため、キャッシュフローが悪くなる時があります。

数値管理は今の経営が正しいのか、間違っているのか、

判断する材料になります。

なにより大きいのは数値管理をすることにより自信が持てることです。

うまくいっていることでも数値状態を知らないと、不安にかられるのではないでしょうか。

ヤフオクに挑戦

Amazon、ヤフオクで併用販売している方は多いと思います。

ヤフオクは相当優秀な媒体なのですが、副業者にはあまりお勧めしません。

副業の場合はAmazon販売に特化したほうが結果は早く出ます。

また、ヤフオクは本来オークション販売ですが、

我々は即決価格での出品が望ましいんです。

ページ作りは楽ではないので、一度使った場合は何度も利用したいわけです。

中古は1商品で1ページ、使い捨てです。

これではヤフオクがめんどくさいと思うのは当たり前です。

使うのであればリピート商品が出来てからです。

また、ヤフオク出品の最大の利点は、

他モールへ出品するための足がかり

になることです。

販路を増やしていく考え方

Amazon

→ヤフオク

→ヤフーショッピング

→楽天

このような形で販路を広げていく方が多いと思います。

この中で私が重要だと思っているのは

ヤフーショッピングです。

Amazon以外で一番アクセスが集まるのは紛れも無く楽天です。

楽天を最終地点と設定した時に、重要になるのがヤフーショッピングです。

どういうことか?

ヤフーショッピングで一定の成績を出せないと、

楽天に進出しても売れません。

ヤフーショッピングは出品手数料など全てが無料です。

練習の場所には最適です。

ではヤフーショッピングで売りやすい商品は何か?

その鍵をにぎるのがヤフオクです。

ヤフオクで売れやすいものはヤフーショッピングでも売れます。

反対にヤフオクで売れないものは、厳しいです。

今まで取り扱ってきたリピート商品をヤフオクに出してみましょう。

反応が得られる商材を軸にヤフーショッピング出店しましょう。

ヤフオク項目で他モールの足がかりと書いたのはこれが理由です。

外注を利用する

ランサーズ、SOHO、クラウドワークスを利用して外注しましょう。

頼む作業は何でも良いです。

まずは他の人が依頼している募集案件を見て参考にしましょう。

ポイントは自分が苦手なこと、出来ないこと、単純作業を頼むことです。

作業経験が無いまま頼むと指示出しが出来ないので、

今自分がやっている作業で他人でも出来ることを依頼してみましょう。

最後に

この内容は独立してから私が踏んだステップです。

私は輸入ビジネスを始めてから半年で独立しました。

半年間必死で取り組んでおりましたが、

決してこのステップ4を踏んでから独立したわけではありません。

それどころかステップ3もままならいまま、

見切り発車での退社となりました。

どこまで進んだら大丈夫、

独立できる。

そのような基準はありません。

それぞれ置かれている状況は違いますし、

リスクへの向き合い方も人それぞれです。

繰り返しになりますがこれが誰にとっても正しいステップではありません。

少しでも参考になると嬉しいです^^

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です