東芝の粉飾決算は他人事だとは感じない

keiri002

昔から一流企業として名を馳せた東芝が苦境です。

全然関係の無い話に見えますが、決して他人事ではありません。

スポンサーリンク

東芝の粉飾決算は他人事だとは感じない

上場企業として最低の行為

私はもともと株式投資からビジネスライフをスタートしました。

株式投資をやる上で鉄則がいくつかあります。

そのうちの一つに不正行為があった際は売れです。

(もちろん逆に購入する作戦もあります)

不正行為の中でも極めてひどいとされるのが、

粉飾決算」です。

これは株主を欺く行為として重大な違反となります。

株主は会社から提示される決算や会社状態で、

判断し株を購入します。

株式会社は株主があってこそ成り立ちます。

もし決算が粉飾されていなければ、

株価はもっと下がっており、

購入していない人も沢山いたはずです。

だから、東芝は決して許されることではありません。

ただそれでは本質が見えない気がします。

自分に置き換えても決して他人事とは思えないところがあります。

その予算(目標)おかしくない?

会社にいるとノルマや目標が存在します。

それは素晴らしいことです。

しかし、会社や上司によっては現実と2倍も3倍も離れた予算を組まれる。

そんな事が当たり前に存在しているのも事実です。

現に私も絶対に達成できない予算を毎月組まれていました。

「なぜ達成できないのか?」と聞かれても、

「あんたが現場を知らないからだよ」と言いたくなります。

個人の営業ノルマならまだ根性論の問題かもしれませんが、

サービス業の店舗利益を倍にしろとか無理な話です。

もちろん本部には言えません。

事なかれ主義で、なんで出来なかったのか言い訳を取り繕うのが日課。

いやー無駄でした。

東芝でも同じような事があったようです。

無理な目標をたてられ、それを達成しなかった報告は許されない。

役員の気持ちも分からんでもないですが、体裁だけではダメですね。

自分の数字を取り繕う

とはいえ、いざ自分が個人事業主として経理をやってみると、

マイナスな数字には目をつむりたくなります。

従業員は私だけですので、ノルマなんてものはありません。

でも儲かってなくても、儲かった気になりたいんですよね。

これ皆さん思いませんか?

私は楽天的思考なんで、

マイナスな部分は見なかったふりをします。

「儲かったー」て言うだけタダですからね。

思い込んじゃえばいいわけです。

でも、それは階段を踏み外す序章です。

ちゃんと現実と向き合わないといけません。

東芝のやったことは許されることではありませんし、

我々も株主がいるわけではありません。

同じ立場では無いですが、ちゃんと数字に向き合わないといけないですね。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です