田舎で副業するならネットショップはお手軽でオススメです。

inaka

田舎くらしとネットショップは相性良いです。

そう思います。

気軽に始めるなら本気でオススメします。

ヤフオクよりもメルカリよりも楽しめます。

スポンサーリンク

田舎で副業やるならネットショップ

ネットショップ閉店の原因

実は今月ネットショップを閉店しました。OPENしてから約3ヶ月、ほとんど売上が上がりませんでした。で、なにがダメだったのか考えてみました。

一番の理由はAmazonや楽天で売っている商品だった。

2つのモールに比べると信頼感はありません。ふつうに買えるものを商品にすると、かなり苦戦します。アクセスを集めるのも容易ではありません。

アクセスを集めるのにも広告費がかかります。せっかくAmazonや楽天での価格競争が無いのに、広告費がかかっては仕方ありません。

ぼくは根本的に戦い方を間違えていました。ネットショップやるなら商品、そしてアクセスの集め方も違う方法をとらなければいけません。

とくに商品は重要です。ブルーオーシャンの商品を売るべきだったんです。

田舎に住んでいるとアイディアがわいてきます

田舎には仕事がない。と言われていますが、それは間違いです。自分で稼ぐ方法はいくらでもあります。

そして、そのアイディアがどんどん浮かんできます。それほどライバルがいないんです。自分で切り開いていくことが出来ます。

renkon

茨城はレンコン生産量日本一

そこら中にレンコン畑があります。

儲かる野菜はなに?

どうどうの第3位です。時給1536円です。

れんこんは集荷場に集められ、出荷されます。売り物にならないレンコンは買い取り手がいません。これを安く買い取って、ぼくがネットで売るってのも全然ありです。田舎に住んでいれば、その伝手も出来そうです。

レンコン御殿と呼ばれるお宅も多数あります。それだけ儲かりやすい商売なのに、買い取り手は現状誰もいません。

img24312077

佃煮

日本で第2位の湖、かすみがうらでは多くの水産物があります。佃煮もその一つです。

ネット販売でもなかなかの売れ筋です。ギフトにも良さそうです。

これも残念ながら、うちの田舎ではネットで販売している方がいません。代理販売なんてのも面白いですね。

url

ほしいも生産地No1

知らなかったのですが、ほしいも日本一だそうです。たしかに芋に関するお店が多いです。近所にとても有名な芋屋さんがいて、朝から行列が出来ています。

特に女性向けだと思うので、ネットショップで販売しても面白いと思います。代理販売も出来るかはわかりませんが、可能性を感じます。そういえば、出来損ないのほしいもはタダで配っているので、販売チャンスを感じます。

てきとうに考えただけでこれだけ可能性を感じました。今まで地方にいたことがデメリットだと感じていた方は、それを逆転させてください。特選品だけでなくて、伝統品とか、その土地限定のものとか。探せばきっと見つかります。僻地であれば、僻地であるほど可能性が感じられますね。

田舎にはチャンスがあります。

気軽に始められるネットショップ

今までAmazon、楽天、ヤフー、ヤフオク、メルカリ、ネットショップと多くのお店をOPENしてきましたが、気軽に開店するならBASEだと確信しました。

ogp

BASEの良い所1

base-start-00

全てが無料

考えられません…

カード決済を取り入れれば費用はかかりますが、ブルーオーシャンの商品であれば、銀行振込だけでも十分です。

知り合いに海外製品で、誰も取り扱っていない商品を販売しているネットショップオーナーがいます。需要は少ないですが、それ以上に供給がありません。決済は銀行振込で前払い、到着まで1ヶ月。とてもひどい内容に見えますが、注文が入るそうです。もし、Amazonや楽天で買えるものでは絶対に無理ですね。

BASEの良い所2

出店が超絶かんたん!

そしてたったの10分で開店。

ほんのちょっといじるだけで開店が出来ます。これを読んだ10分後にはネットショップオーナーになれます。それほど早い!

そして気軽に出来るのもとても嬉しいサービス。ヤフーショッピングも無料ですが担当者からいろいろ煽られます。申請だけだして、時間があるときに手続きしよう。といったことが出来ません。

そして気軽にOPENする最大のメリットは、ドメインを早く取得できることです。

googleがサイトを認識するのに時間がかかると言われています。急にネットショップをやろうと思っても、すぐには反映がされません。

とりあえず開店だけしておけば、すでにサイトが認識されている状態です。アクセスを集めるのにも、早く開店した方がメリットになります。

本当に10分で開店できるか試してみた!

今までの経験上10分で開店なんてありえない…

楽天なんて開店するまで2週間はかかりましたよ。

ほんとに出来るんですか?!

てな気持ちで始めてみました。

結果、8分

まさかの10分足らずでオーナーになりました。

とてもおもしろいので、みなさんも試してみてください。

ぼくがOPENしたショップ、実際の手順を紹介します!

開店までの手順

1.BASEにアクセス

下記のバナーからBASEのページに行ってください。



2.入力

お店のURLを決める&メールアドレスを入力します。

お店のURLは特に決まりはありません。

スクリーンショット 2015-10-04 15.36.16

ぼくのお店は「ibaraki47」にしました。

3年連続魅力の無い県、最下位・・・。

いえいえ、茨城魅力たっぷりですって!

3.届いたメールのリンクをクリック

はい、即完成〜

ここまで2分!

スクリーンショット 2015-10-04 15.36.54

チェックをして進む!

4.管理者(自分)の情報を入力

スクリーンショット 2015-10-04 15.37.59

営業時間 ) 平日9:00-17:00

定休日)  土日祝日

迷ったらこれをコピペ!

5.商品を登録します

スクリーンショット 2015-10-04 15.42.44

価格、説明、画像を入れていきます。

ここは茨城産レンコンを入力!

6.ショップ名を決めて、公開保存

スクリーンショット 2015-10-04 15.41.25

公開にチェックを入れて、

ショップ名を決めます。

下の方にスクロールして保存!

7.ショップオーナーです!

スクリーンショット 2015-10-04 15.42.57

これでショップのオーナーです。

びっくりするくらい簡単です。

ネットショップをOPENするのってこんなに簡単になっているんですね・・・。もちろんまだ売れる段階ではないけど、日常生活でのアイディアはすぐに活かせそうです。

いやー便利な世の中です。

なにも売るものがないって方もぜひ試してみてください!

あらかじめOPENしておけば、ドメインの取得期間も長くなりすぐに試せます。アイディアも浮かびやすくなりそうです。

ぼくのイバラキショップもそのうち報告できるように、いたします^^

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です