脱サラする前に書いた日記を、やめて10ヶ月たった自分が振り返ってみます。

6373_m

脱サラする前に日記をつけてました。おもしろそうなので、それをふりかえってみます。

スポンサーリンク

脱サラする前に書いた日記を、やめて10ヶ月たった自分が振り返ってみます。

2014年12月28日

「会社辞める」と部長に伝えた。いよいよ退路をたつことになった。でも、たいした退路では無い。この先に未来はない。

そして、今日の退職宣言は「二度と組織には戻らない、自分の力で生きていく」という宣言。第二の人生、第一歩。

いろいろな働き方があると思う。輸入をやって本業にする方、副業としてやる方、本業より収入があるも副業のまま進む方、考え方は皆違うと思う。物販を始めて約5ヶ月。早いと思いますが、それだけの努力をしてきました。

「なぜ辞めるのか?」と後付けで考えると、やはり将来の不安である。

このまま年齢を重ねて働けるのか、そしてやりたくないことを我慢してお金を得る。それってやりがいあるのか、ずっと思っていた。私にとって物販は本業であり、最高の趣味。楽しいからやる、それだけ。だから本業にしても不安より、楽しみの方が大きい。

何より時間、知識、スキルを全て自分のためだけに使える。責任は自分。評価、通信簿は収益となって返ってくる。すごくワクワクする。組織にいると、自分の考えも発揮できず、自分のやりたい事とは違う、むしろ真逆なことも迫られり。時間も誰かに気を使っている。毎日、上司が帰るまで職場にいる。時間ムダ。

もうすぐ2015年、良い1年になるよう全力でやる。

今振り返ってみて・・・

とても恥ずかしいですね笑

自分宛てとはいえ、やる気満々で怖いくらいです。今とは雰囲気が違うなーと。それほど切羽詰まっていたんでしょうね。言葉とは違って、そうとう不安を抱えていたのを思い出します。自分を奮い立たせるために、強気な言葉を書いたのでしょう。

そして、今日の退職宣言は「二度と組織には戻らない、自分の力で生きていく」という宣言。第二の人生、第一歩。

1人でやってみて感じるのは、組織と個人では仕事の感覚が違うということ。組織でやっているときは、「誰かがやってくれるだろう」「これは自分の責任ではない」。自然と思っていました。

個人では全て自分の責任。分からないことも、自分から動かないと誰も教えてくれない。まして、自分で失敗して試すってことも必要になります。この1年で一番変わったのは、自分がやるという責任感なのかもしれません。

「なぜ辞めるのか?」と後付けで考えると、やはり将来の不安である。

これは結局サラリーマンでも、フリーランスでも変わらないですね。会社員だといつリストラに合うか分かりませんし。フリーランスは自分次第でどちらにも転びます。結局は弱い自分に打ち勝つかが大事なのかなと。

何より時間、知識、スキルを全て自分のためだけに使える。

これは大きいですね。学びたいことを、自分の意志で選ぶことが出来ます。物販をやっているのも、楽天に出店したのも、ブログを書いているのも自分の意志です。だからこそ、動く理由になります。

評価、通信簿は収益となって返ってくる。すごくワクワクする。

これは今も変わっていません。ですが、以前ほどギラギラはしてないですかね(笑)

今は家族と過ごし時間と、のんびりした田舎で暮らせれば最高です。もちろん、収益はもっと上を目指しますが、大事なものをぶれないようにしないとですね。

組織にいると、自分の考えも発揮できず、自分のやりたい事とは違う、むしろ真逆なことも迫られり。時間も誰かに気を使っている。毎日、上司が帰るまで職場にいる。時間ムダ。

これは今でもムダだったなと思う時間です。今もくだらない時間はたくさんあります。アニメ見たり、動画見たり、漫画見たり。でも他人に縛られているわけではないのはすごい大きいかと思います。

まとめ

人の幸せなんて何が正しいか分かりません。脱サラブログを書いている以上、ぼくは脱サラ寄りで書いています。でも本業も副業も充実している人を見ると、うらやましくもあります。会社員にしか出来ない経験もありますしね。

でも、辞めたくても辞めれない人がいるのも事実です。ぼくのプロフィールでも書いていますが、辞める決断をするまで5年近くかかっています。

でも、本気で望むと意外と何とかなります。

この1年で感じました。

今後もノラリクラリと自分らしくビジネスしていきたいですね^^

本業を一生懸命取り組まない人が独立しても、失敗するは絶対ウソ

こちらも参考になると思います。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です