ネクストエンジン(受注管理・在庫管理ソフト)を手放せない理由

販路を増やす予定、そして増えてきた方にオススメしているのが受注管理・在庫管理ソフトです。

ぼくが使っているのはネクストエンジンです。

長文になるかとは思いますが、本気でオススメするツールです。

・受注管理・在庫管理ソフトをお探しの方

・Amazon以外で出店を考えている、またはすでに出店している方

ぜひ読んでいただければと思います。

ネクストエンジン(受注管理・在庫管理ソフト)をおすすめする5つの理由

ネクストエンジンの紹介ページを見ると分かるのですが、メリットがすでに提示されています。

・ネットショップを一元管理(Amazon、楽天、ヤフー)

・導入者数No1

・アプリの作成、追加自由

・初月無料

でもこれを見ても本当に使えるツールなのかイメージは出来ないと思います。

ですので、実際につかっている様子を紹介いたします。

在庫ツールを導入した背景

探したきっかけはヤフーショッピング開店後でした。

Amazonと併用して販売していたので、それを一括で自動連携するツールを探していました。

出店すると分かると思いますが、Amazonで売れて在庫切れになった商品を手動で在庫数を変更するしかありません。その作業をしないうちに売れてしまうと、ヤフーショッピングではキャンセル扱いとなり、悪いレビューをつけられてしまうかもしれません。

外出中も気が気でなかったのを思い出します。

そこで受注管理・在庫管理ツールがあることを知ります。

受注管理ソフト比較サイトを見ると多くのシステムがあることが分かります。

「どのツールが良いの?」とした質問には正直お答えが出来ません。

全てを試すことは出来ないからです。

ネクストエンジンにした理由は、初月無料・初期費用0円・使用者が一番多い

合わなかったら辞めればいいか、とした気軽な気持ちで始めることが出来たことです。

同じく輸入ビジネス中野翔太さん(中国輸入)の記事も決める後押しとなりました。

現在はこのツールをフル活用した物販の仕組みを作りました。

もしネクストエンジンが利用できなくなった場合…

ぼくのビジネスは破綻します笑

それほど手放せないツールです。

他の製品が上回ったり、改悪がなければずっと使い続けます。

なぜ在庫管理システムを使うのか?

Amazon販売のみでは必要のないツールです。

しかし、Amazon販売だけではリスクがつきものです。

アカウント閉鎖になったら…

価格競争になったら…

この不安を取り除いていくには販路拡大しかありません。

では反対に販路を拡大した時にリスクとなるのが「手間」です。

入金されたか確認、発送をマルチチャネルで手動で行う。

ものすごい手間がかかります。

また、併売を行うとどうしても起きる問題が在庫切れリスクです。

在庫が1個の商品があるとして、これがヤフーショッピングで売れたと想定します。

そこで必要となるのが、

Amazonでの販売停止

ヤフオクの出品停止

楽天の在庫切れ

と面倒な手間が発生します。

また、寝ている間にそれが起きた場合、出かけている場合に在庫切れになった場合、他で商品が売れてしまうリスクがあります。利益が減るのと同時に、お客様に不信感をもたせ、悪いレビューがはいる可能性が高まります。

それを解決するのに使うのが在庫連動システムです。

くわしくは画像で説明をいたします。

a

ネクストエンジンでは、ネクストエンジン上に在庫を入力します。

これを各モールに同期することで、在庫が常に同じ個数になります。

2

例として、ヤフーショッピングで商品が売れたと仮定します。

このデータがネクストエンジンに即時送られます。

3

改めてネクストエンジンから各モールに在庫連動します。

つまりは作業いらずとなります。

44

在庫が0になれば、当然売り切れにしてくれます。

これで商品が同時に売れてしまう、というリスクが無くなります。

ネクストエンジン最大のメリット

ネクストエンジンを使い始めて約7ヶ月たちました。

もともとヤフーショッピングを開店したタイミングで利用を始めました。

使い始めて3ヶ月目くらいにもう辞めようかと思っていました。

その理由はAmazonFBAと連動がされてなかったため、月額料金を払うメリットを感じなくなったからです。

詳しく説明するとAmazon意外の場合はネクストエンジンからデータ同期がありますが、Amazonに関してはFBA無効扱いです。

多くの在庫連動ツールではAmazon対応ですが、FBA非対応となっています。

(このへんの説明が小さくしか書いていないので気をつけてください)

自己発送は対応可能ですが、FBAは別物だと考えるしかなかったわけです。

これで困った点としてはAmazonFBA在庫が売り切れ

→ネクストエンジンに反映されない

手動でネクストエンジンの在庫調整

この手動部分がどうしても手間となっていました。

当時、FBAに対応しているツールはありませんでした…

なんと今夏にネクストエンジンがFBA対応となりました。

これがぼくのビジネスを相当変えてくれました。

douki

画像で説明するとこれです。

手動で在庫を登録していた作業が無くなり、FBAに在庫を入れるだけで勝手に他モールも在庫連動するようになりました。

現時点でFBA対応しているのはネクストエンジンだけです。

これがネクストエンジンをオススメする最大の理由です。

今までは誰かに伝えてきませんでしたが、輸入ビジネス仲間にもこのツールをオススメしています。

ネクストエンジンの料金

先にお話いたします。

ネクストエンジンには(基本料金)と(有料アプリ)が存在します。

マルチチャネルを利用した、他販路を利用した方法では以下がオススメです。

・基本料金 月額10,800円

・FBA対応アプリ 月額7,000円

・ヤフオク対応アプリ 月額0円(落札金額の2%)

月額料金合計

17,800円+ヤフオク落札手数料2%です。

約2万円の出費となります。

けっこう大きな金額です…

高いか安いかはこれを見てご判断ください。

ネクストエンジンを利用した自動化物販システム

冒頭でネクストエンジンがなければ崩壊する仕組み、と記載しましたがその仕組みをご紹介いたします。

【1.FBAに商品を納品する】

FBA_logo_us

【2.FBAからネクストエンジンに在庫数が自動同期する】

b

※FBA対応アプリ 月額7,000円が必要です

【3.ネクストエンジンから在庫が自動同期する】

ff

※FBA対応アプリを使わない場合は、直接在庫入力する

【4.販売開始】

1

Amazonで売れた分はプライスターで確認

在庫連携も自動でされるので、「何が売れたかなー」と確認するだけです。

151019-0007

ヤフオク、ヤフーショッピング、楽天で売れたものはネクストエンジンで確認します。

各モールの商品と売れた商品が並び、自動で受注処理を行ってくれます。

151019-0009

ヤフオクではこのような動きになります。

他モールで売れた商品が自動で出品停止。

在庫数1減らして、在庫があればまた再出品します。

もし在庫がなくなれば出品はそのまま停止した状態になります。

ヤフオクも全自動で在庫連携をしてくれます。

※ヤフオクは個人ではなく、ストアアカウントになります。誰でも出店可ですが、別途申し込みが必要です。

※在庫連携には月額0円&落札手数料2%負担の有料アプリが必要です

【5.受注処理/発送処理】

dddd

受注が入ると自動でネクストエンジンから受注メールを、お客様に送ります。

やっている人には分かりますよね、この負担…

勝手にメールを送ってくれるのはとても有り難いです。

【6.マルチチャネル依頼】

bbb

引用:ネクストエンジン、インプレス利用マニュアル

MFC配送ボタンを押す!

→Amazonへ自動でマルチチャネル依頼をしてくれます。

代引も指定の金額で出してくれるのでとても助かります。

※FBA対応アプリ 月額7,000円が必要です

もし自分で発送するときは「自社発送」でOK

151019-0011

発送完了後、Amazonから追跡番号が通知されます。

これを自動で拾って受注伝票に入力してくれます。

dddd

発送完了メールも自動で送ってくれます。

これも手動でやるのは手間ですからね…

ありがたい機能です。

151019-0012

しかも1週間後に…

レビュー依頼などフォローメールも自動で送ってくれます。

作業工程まとめ

FBA納品

在庫モール連携

商品受注メール送信

マルチチャネル発送

発送メール

フォローメール

6工程のうち4工程がネクストエンジンが自動で対応します。

そして、マルチチャネル発送もボタンを押すだけなので自動化といっても良いでしょう。

ネクストエンジンが使えなくなったら、ビジネスが破綻します笑

※無料トライアルは必ず↓の画像リンクよりお願いします。

サポートを致します

リンクからツールを契約/利用していただければ、無期限でサポートいたします。

ぼくが使っていて投げ出しそうになったことは1度や2度ではありません。

ネクストエンジンはとても優秀なツールです。

マニュアルも充実しており、見れば分かるようになっています。

サポート体制も充実しています。(土日を除いて)24時間以内に返答があります。

ではなぜ投げ出しそうになったかというと、FBA発送をメインとしたスタイルに合わせるのが、とても難しいのです。さらに焦点をしぼると、輸入ビジネスに合わせて使い方をするには、カスタマイズが必要です。

もともと在庫連動ツールは自社の商品を、多販路で販売している業者向けに作られています。個人向けではないのです。だからこそ、たくさんの試行錯誤を重ねて今の仕組みにたどり着きました。

また、全自動で行うには必ず抑えておきたいポイントがあります。前にブログでお伝えした商品番号の付け方と注意点とした必須事項が存在します。ぼくの場合はここを知るのがネクストエンジン使用後でした。残念ですが、楽天の発送に関しては全自動化が出来ていません。始めから知っておけば…というノウハウもお伝えいたします。

解決する方法が見つかったので、全て全自動になりました。

困っている方はご相談下さい。(H28年1月28日追記)

また初めは何が分からない状態です。遠回りしなくて良いようにアドバイスを致します。「まだ楽天に出店していない」「ヤフーショッピングに出店したばかり」というケースもあるかと思いますが、その時点で販路を広げるためのノウハウを抑えておくほうが良いです。

初月は無料なので、合わないと思えばやめればOKです。

※無料トライアルは必ず↓の画像リンクよりお願いします。

Q&A

Q.サポートは使い方まで教えていただけるのですか?

A.はい、大丈夫です。連携していく仕組みをお伝えいたします。また、不明な点はお答えいたします。しかし、ネクストエンジンは多機能ツールのため、全ての機能を使っているわけではありません。不明点につきましてはネクストエンジンへ直接お問い合わせ頂くこともございます。

Q.すでに楽天、ヤフーなど出品済ですが大丈夫ですか?

A.はい、大丈夫です。ただし商品番号が異なる場合は連携出来ません。詳しくはこちらをご参照ください。

場合によっては解決できます。困っている方はご相談下さい。(H28年1月28日追記)

Q.ヤフオクは個人アカウントは対応不可ですか?

A.はい、ヤフオクストアのみとなります。ストアアカウントはあまり知られておりませんが、通常のヤフオクと同じです。詳しくはこちらを御覧ください。

Q.ネクストエンジンで登録などは、どれくらいの期間がかかりますか?

A.無料期間の1ヶ月もあれば登録など終わります。もちろん作業時間を確保は必須です。また、現在出店をしていないということであれば、出店しながら進めるので随時作業を行っていく形になります。

※無料トライアルは必ず↓の画像リンクよりお願いします。

最後に

しつこくなるのでこのへんにしておきます。

ネクストエンジンは物販の仕組みの中心を担っていて、なくなった場合すべて崩れます。

それほど強力なツールです。だからこその不安もあります笑

しかし、使用者が国内No1ですのでサービス終了もまずありえません。

その点は安心できます。

ぼく自身いろいろなツールを使ってきました。

途中で使わなくなったツールが10個以上あります。

今も使っているの2個だけです。

このネクストエンジン、プライスターは今後も使い続けていく予定です。

だからこそこれだけ熱心に紹介いたしました。

全ての在庫連動ツールを試したわけではありません。

比較することは出来ませんが、使ってきた感想としては100点に近い出来です。

月額2万近く費用が発生しています。決して安くありません。

物販を広げようと思うと必ずぶつかるこの悩み。もともとは人を雇ってこの作業をお願いしようと思ってました。

その時の依頼予定金額は月額5万円。教える手間もあるし、ミスもあるだろうし、かなり重要な作業を行ってもらうので不正の可能性もありえます。だから二の足をふんでました。

だからこそ、ネクストエンジンのシステムが変更し、FBA対応したのは本当に感謝です。

これを見て、もし興味を持たれた方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!