ビジネスは不安との戦い、やめていく人はたいてい不安に負ける

huan

不安は怖いものです。

ビジネスを辞める原因てのは不安だと思います。

スポンサーリンク

ビジネスは不安との戦い、やめていく人はたいてい不安に負ける

何かを始めるとき、そして継続するとき。

大きく左右されるのが「不安」です。

ぼくがビジネスを始めたきっかけは、ブラック企業にいることへの将来への不安です。

また、幸いな事に継続してビジネスができていますが、もし上手く行っていなければサラリーマンに戻っていたかもしれません。これも将来の不安からです。

なにかを初めて、辞める原因となるのは不安が大きく絡むと思っています。

結果が出ているときは、あまり不安というのがありません。

・副業時代に一気に売上が伸びた。

・専業3ヶ月目で利益が倍になった。

て時は今やっていることが正しいと確信できました。

大事なのは思うように結果が出ていない時に、どうするか対処法を考える必要があります。

今まで感じた不安

ぼくの事例でお話します。

◯リサーチをするも赤字になる商品も多数出た時

→これで合っているのか不安

◯専業になる時

→将来これで大丈夫なのかという不安

◯楽天に出店するとき

→30万近く払って売れなかったらどうしようという不安

◯ブログのアクセスがなかなか伸びない時

→この題材ではダメなのか、やり方が間違っているのかという不安

どれも不安を感じており、結果がついていないのに不安なく進めるのは難しいものです。

もし「会社をやめて専業で辞めるのはタイミングですか?」と聞かれたら、辞めた後の不安と向き合うか覚悟ができた時、と答えます。事業をやっていると上司がいなくなりますので、いざ自分で決めるとなると不安との戦いです。

不安を打ち消す3つの方法

ぼくが不安になった時に行う3つの方法です。

1.とにかく経験する。

131017horie04_1H8A8440-624x416

ホリエモンはいろいろ叩かれますが、それほど持論を持っています。

不安というのは表向きには見られないでしょう。

それは頭が良いからだと思いがちですが、それだけではありません。

彼の著書をみると分かりますが、多くの経験をしてきています。

多くの経験をすることにより、持論がかたまり、不安がなくなっているのかと思います。

よく失敗しろ、といいますが不安を少なくするには多くの経験、失敗が重要だと感じます。

2.量をこなす。

url

とにかく量をこなすことです。

不安というのは考えている時におとずれます。

量をこなしているときは不安というのは起こりません。

また、部活で野球やサッカーの試合中に望むときも、練習したきた量・時間が多ければ不安は軽減されます。

ビジネスも同じ理屈でとにかく作業量です。

ぼくがブログを1日に複数本、物販でリサーチを何時間もしていたのは、とにかく量を意識しているからです。

3.コミュニティーに所属する。

695070_85124432

「独立するときは、うるさい上司がいなくなった。やったー!」て嬉しくなるのですが、いざ数ヶ月経つと自分で方針を決めるのがとても不安になる時があります。

これで合っているのか?

他の人はどうしているのか?

とても不安になるのです。これも不思議なものです。

ぼく自身はコミュニティーに所属したり、友人とコミュニティーを作っています。

モチベーション維持、不安なところを共有したりと活用しています。

物販では友人数名とグループを作ってノウハウのシェア、月に1回集まって飲む。またオフ会があれば参加と、仕事の予定よりも大事にしています。

ブログでは香川ブロガーヨスさんのコミュニティーに所属させて頂いています。地方で活躍されており、とても素敵なブログ運営をされている方です。募集時にすぐに入会させて頂きました。グループ内では同じく頑張っている方の声や、アドバイスで不安を解消できています。

もちろんコミュニティーに所属することだけが全てではありません。どうしたらよいかわからない時は、同じ価値観をもった情報発信者へメールを送って見て、ぜひ不安をアウトプットしましょう。

まとめ

いろいろ手段はありますが、常に不安はつきまといます。

不安は味方であり、敵でもあります。

この不安をうまく味方にして、ビジネスを伸ばしていけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です