現在使用中【ツール紹介記事】書いてみました。

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

現在使用しているツールの紹介記事を書いてみました。

合わせて「ツール」について記載します。

スポンサーリンク

現在使用中【ツール紹介記事】書いてみました。

私自身ビジネスに必要不可欠なツールが3つあります。

もう使っている方も多いと思います。価格調整ツールです。

imagesプライスター詳細を見る(初月無料)

販路を増やした際に必須なのが在庫連動ツールです。

imagesネクストエンジン(初月無料)

ヤフオクの出品ツールです。これは記事は書いていませんが、そのうち紹介します。

imagesオークタウン(無料)

使ってはいないですが、評価の良いツールです。

指定した商品が出品者がそれぞれ何個在庫があるか、チェックが出来ます。

現在は販売停止になっていますが、使っている友人は重宝しています。

ぼくは結構勘にたよるところが多いので、買いませんでした笑

images在庫チェッカー

Amazonの評価メールを自動で送ってくれます。

初月無料、月額1000円というのも破格の値段です。

Amazonでよく輸入品を買いますが、あきらかにこのツールを使った評価依頼が届きます。

輸入ビジネス仲間は知る限りみな使っています。ぼくはなんとなくまだ導入していません笑

imagesアマスタ

ツールへの考え方

今オススメツールを並べましたが、リサーチツールが1個も無かったのはお気づきでしょうか?

よほどのことが無い限り、リサーチツールをオススメしません。

リサーチツールが悪いわけではないですが、ツールに頼るとそれなりの利益にしかなりません。

紹介したツールは、それを利用することで作業が減るものばかりです。

月額料金>手動で行う時間

不必要なものは取り入れる必要はありませんが、時間軽減ができるので積極的に取り入れましょう。

リサーチツールを使う場合

リサーチツールを否定した表現になりましたが、決してそうではありません。

よく初心者はツールは使うべきではない、とした主張は多いです。ですが決してそれが正しい訳ではありません。

ツールを使う際は手動で行うリサーチがすでに固まっている。

ツール宣伝で言われている機能をカスタマイズして使えると確信した時に使うべきです。

よくわからない表現になりましたが笑

ある程度経験したプレイヤーなら納得してくれるはず。

もし分からないとしても焦る必要はありません。様々な経験をしてください。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントの入力は終了しました。