FBA納品する前に必ず行う準備をまとめてみました。

4

Amazon販売を始めてから約1年3ヶ月。

現在もFBA納品は自分でやっています。

その事前準備まとめ。

まず、FBA納品を極力少なくする方針をとっています。

基本は月1回です。これは手間削減が一番の理由なんですが、その1回分はかなりの物量となります。

事前準備をしっかりやらないと2日かかるといった場合もあります。

スポンサーリンク

FBA納品する前に必ず行う準備をまとめてみました。

商品登録

CSV一括登録を使って商品を登録します。

これは仕入れ確定後すぐに行います。

作業を行う日 仕入れ確定後
作業時間 15分

備品確認

必要な備品を揃えておきます。

これも仕入れ確定後すぐに行います。

当日に「無い!」となるとダメージがすごいので、忘れてはいけません。

作業を行う日 仕入れ確定後
作業時間 15分

用意しておくもの

・商品ラベル

・ダンボール

・ガムテープ

・ゴミ袋

・ストレッチフィルム

返品商品の返送手続

返品商品はFBA納品に合わせて、返送手続きをとります。

ヤフオクでさばくことはしていません。

全てAmazonで中古で販売しています。

輸入商品が届く前に、登録なども全てすませておきます。

そのままAmazon箱を再利用ですね。経費削減!

3

作業を行う日 商品到着1週間前
作業時間 20分

FBA納品手続

CSVを利用して登録を行います。

もともとは手動でやっていましたが、CSVで出来ることが判明し、一気に作業時間が短縮しました。

意外と知られていませんが、ぜひ利用したほうが良いです。

管理画面→在庫→FBA納品手続→納品プランファイルをアップロード

作業を行う日 商品到着1日前
作業時間 10分

伝票用意

ヤマト便を利用しています。1箇所に送る場合は、相当安い価格で送ることが出来ます。

配送契約をしている方は無縁でしょうが、契約していない方にはかなりオススメです。

1-5

ヤマト便価格表

作業を行う日 商品到着1日前
作業時間 3分

商品ラベル印刷

納品手続きは完了しているので、商品ラベルを印刷しておきます。

ただ印刷するだけでなく、貼りやすいよう仕分けを。

ここは毎回やり方が違うのですが、ジャンルで分けたり。

あるいは、あいうえお順で分けるなど。その時の商品によって変更します。

2

作業を行う日 商品到着1日前
作業時間 20分

空白ラベル用意

バーコードが商品ラベルで隠し切れない場合は、これを使います。

たいした準備ではありませんが、忘れがちなので必ず用意しておきます。

1

作業を行う日 商品到着1日前
作業時間 1分

まとめ

もともとはFBA納品代行を使ってましたが、今は一切使っていません。

今後も(おそらく)頼まないと思います。

価格面でもそうですが、自分で商品を見るというのは重要な気がしてなりません。

昨日も1日かけて終えましたが、良い運動にもなるので、自己納品おすすめします。

副業の方は休日を使うか、パートナーを使うか。

費用が見合うなら納品代行でも良いですが、利益率は下がるのでそこは色々考えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です