ブログ運営はなかなか難しい。考えさせられること、まとめ。

blog

以前運営していたブログを含めて、200記事以上を書いてきました。

まだまだ記事数は少ないですが、思うことがあります。

ブログ=難しい

書けば書くほどそう思うようになりました。

スポンサーリンク

ブログ運営はなかなか難しい。考えさせられること、まとめ。

ブログで大事だと思うのは、継続だと思っています。

長く続けることで記事数、読者も増えていくはずです。

では続ける為に必要なことは何でしょう?

考えてみると、

結果が出る」と「楽しくて続ける

の2つなのかと思っています。

結果が出る=アクセス数が増える。

楽しくて続ける=自分の書きたいことをただ書く。

とします。

ではこの2つをについて、もう少し深く考えてみます。

アクセス数が増える記事

このブログはメインが、脱サラや輸入ビジネス。

サブとしてニュースや、田舎暮しについて書いています。

ブログ内でアクセスが多い記事

TPPや楽天不正ログインで検索されて閲覧、そのまま直帰というケースです。

この記事も好きで書いてはいますが、どちらかというとそういうわけではありません。

輸入ビジネス、ヤフーショッピングだと層がとても薄いです。

この2記事はSEOは上位ではありませんが、回遊してうちのサイトにきてくれます。

調べる層が多いので検索にヒットということですね。

SEOが有利でアクセスが多い記事

このブログでは「ヤフーショッピング」で検索順位が上位に来ています。

調べる人は少ないですが、その分ヒットする可能性が高くなります。

これはコンテンツとして作ったもので、見てくれる可能性は高くなります。

ですが、作るまでに時間がかかるのがデメリットです。

SEOや読者を意識しすぎてしまう

あまりにも月末が売れなくて書いた記事です。

独り言記事なんですが、タイトルはSEO/読者を意識しています。

あまり気にせず思いのままタイトルをつけるとすると、

「売れない・・・」

になっていたと思います。

これではgoogle的にも、見る側としても、評価されにくいタイトルですからね。

このへんのさじ加減が難しいです。

まとめ

・アクセスを意識する場合は、幅広い層に検索されるような記事にしないといけない。

・層が薄い場合はコンテンツを充実し、専門サイトのような形にしていく。その為、記事作成に時間/労力がかかってしまう。

・タイトルなど自分の思ったままには書けないことが多い。

好きなように書いた記事

アクセス対策とは反対に思ったことを、思った通りに書く場合です。

この記事なんかは思った通り書いています。

とくに何かを意識しているわけではなく、好きなように書いているのでスラスラと書けます。

その分アクセスは伸びないページです笑

長く続けていたり、本数を稼ぐブロガーはこっちのタイプが多い気がします。

コンテンツを1日何本も作るには時間がかかりすぎます。

特に物販との両立をする上で毎日ノウハウ記事を書いていると、それだけで数時間がとられてしまいます。

無理なく続けるにはこちらの方が良いかもしれません。

輸入ビジネスブロガーで長年続けている&毎日書いている方は、ノウハウよりも思ったことを書いているケースが多いですね。

SEO的はあまり対策をせず、思ったことを書いているイメージが強いです。

ある程度読者がついてくると有効ですが、始めの頃は自己満足で終わるケースが多いのが悩みどころです。

まとめ

・長く続けるなら好きなことを書くほうが良い

・物販と両立しながらコンテンツを作り続けるのはけっこう大変

・読者が増えてくると好きなことを書いても良い気がする

ブログを長く続けるコツ

今回はあくまで、ぼくが続けて書いたきたことから得た感想です。

まだ始めてばかりの頃とは違った感想を持ったことになりますね。

もしブログを始める。そして続けたい場合は、以下のことを意識しましょう。

「アクセスをとるのか?」

or

「好きなことを書くのか?」

なかには好きなことを書いて、アクセスが伸びる方もいると思います。

これはよほどライティング能力があるか、需要とマッチしたか。

これは商品の需要供給と似ています。

相乗りをするのか、OEMをするのか、その違いと似ています。

もし好きなことを書くのであれば、アクセスの伸びは遅いことを覚悟する。

アクセスをとるのであれば、コンテンツを作るのに労力・時間がかかる。好きなようには書けないこともある。

どちらかを選ぶ必要がありますね。

いろいろ書いてみると分かったブログを続けるコツ。

ぼく自身は好きなことをメインで書いて、継続していきたいと思います。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です