値下がりした商品はどうしますか?ぼくはリストから切り捨てます。

151117-0003

値下がりした商品、みなさんはどうしますか?

アマゾン販売ではよくあることですね。このへんは価値観が別れるところです。

スポンサーリンク

値下がりした商品はどうしますか?

私は今欧米輸入をやっております。(中略)

Amazon.comで仕入れ、Amazon.coで販売をしています。利益がとれると仕入れの段階で思っていても、いざ販売を開始すると値下がりしている商品が多いです。このような場合、値段は利益がとれる所で待ちますか?それとも赤字で販売しますか? (以下省略)

151117-0003

イメージは画像のとおりです。

9月26日を区切りに価格が下がっています。

「27日以降に販売する場合はどうするか?」

てことですね。

→ぼくはカートに全て合わせて、売り切ります。

人によっては、カートをとっていた出品者が売れていなくなり、いずれ順番がくるから利益がとれるまで待つ。という意見の方もいます。ぼくは意見は反対です。

物販は事業であるべきだと考えています。仕入れた後はカート価格に合わせて、プライスターに丸投げ。「タイミングによっては利益がとれる」は確実性がなさすぎて、事業としては危険な考えです。投資とは違います。

ここは資金の回収も含めて損切りをします。

なぜ赤字になったのか、考えてみることが重要になります。

さらにリストから捨てます。

さらに続きがあって、ぼくの場合は高確率でリストから捨てます

2度とリピートしません。

値下がりしやすい商品の特徴

・amazon.comで安く売っている。

・amazon本体が売っている。

・結果、出品者が多い

3つの特徴をもった商品は出品者が減ったとしても、また同じことになります。

「卸仕入れにしては?」という考えもありますが、amazon本体が安く売っていると、卸価格も期待できません。たとえ小売価格より安く仕入れができても、価格競争には巻き込まれます。

卸を見つけてもメリットが少ない。

卸を探す商品でオススメは…

・Amazon.com本体が売っていない

・日本の出品者が少ない(2~5名)

リストは捨てると言いましたが、この特徴をもった商品であれば、赤字になっても仕入先を探してみるのをオススメします。

交渉はいつからやるべきか?

以前は「Amazon仕入れに特化して、だんだん交渉していくのが良い」と考えていました。

最近は始めて3ヶ月目くらいから、交渉をとりいれても良いと考えています。小売仕入れだけでも月商200〜300万あげることは難しくありません。いざ達成した後に、交渉を取り入れてもキャッシュフローの都合上、すぐに切り替えることが出来ません。

↓プロフィールから抜粋

2月

Amazon輸入7ヶ月目、月商200万円 月利22万円

原点回帰。

ゼロベースから始めることを決意。

・数値管理の徹底化

・仕入れの見直し

・仕入交渉

3点を中心に作り直す。

Amazon.com仕入を卒業し、

ebay、卸仕入が増えてくる。

ヨーロッパや国内取引も行うようになる。

3月

Amazon輸入8ヶ月目、月商112万円 月利23万円

月商は大幅にダウン。

過去在庫は全てカウントせず、1月からの数値にシフト。

月商が半分になっています。「今はまだ早い」と考えている方も急な切り替えは難しいので、少しずつ取り入れてみてください。

↓だんだん取引仕入が多くなっており、無理なく移行しています。

小売仕入 取引仕入
3ヶ月目 100% 0%
6ヶ月目 80% 20%
9ヶ月目 40% 60%

おまけ

最後は、話が脱線してしまいましたが…

値下がりで赤字になるのは、仕入れでライバルに負けているからです。

「それをタイミング次第で…」と考えている限りは、利益を増やしていくことは出来ません。

値下がりした商品    →カートに合わせて売り切る

値下がりする特徴がある →リストから削除

卸仕入れのメリットがある→交渉を考える

がぼくの考えです。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です