独立するときの月収、ぼくだったらどうするか?

25170370_l-556x371

スポンサーリンク

独立するときの月収、ぼくだったらどうするか?

脱サラして約1年たちました。

運も良かったのか、なんとかやっていけています。

もともと会社員には向いていませんでした。

上司に逆らったり、自分の考えが強かったり。

とはいえ、なかなか脱サラには踏みきれませんでした。

ホリエモンはよく「会社なんて辞めろ」と言っていますが、そうかんたんではありません。

実際に会社を辞めたくても、いろいろなことを不安から辞めれずにいる方を多数知っています。

ビジネスなんかもそうで、不安て壁をジャンプしちゃえばもう過去のことなんです。

ハードルみたいに続くわけではありまえせん。

職業の都合柄、ビジネスでの友人は独立している人が多いですが、みな何とかなってます。

「自分で稼ぐ経験が出来たので、何をやっても何とかなるてのが分かった」と口をそろえて言います。

もちろん、住宅ローンや既婚、子供も関係あるけど、どう不安と戦うかが大事です。

本当に独立したいなら不安と戦う勇気をもつこと。

これは以前書いた独立するって難しいことなのか、今一度考えてみましたの記事から抜粋しました。経験していないとなかなかこうもいえません。

では、今の自分が会社員に戻ったと想定して考えてみます。

月利10万

独身 辞める 一人ならバイトでも何でもやる
既婚(共働き) 辞めない 妻を説得できない
既婚(専業主婦) 辞めない 論外
既婚(住宅ローン有) 辞めない 論外中の論外

月利10万&独身であれば絶対に辞めます。

この段階までくると、月利30万はその延長線上にあります。

一人であれば誰にも迷惑をかけません。

バイトさえ出来れば食べていくのは出来るでしょう。

あとは自分を信じて進むだけです。

既婚の場合は見送ります。

この段階で辞めても良いのですが、妻を説得するのは容易ではないです。

焦らずじっくりと副業で伸ばしていくことに専念します。

月利20万

独身 辞める バイトもしない
既婚(共働き) 辞める 生活も何とかなる、説得を試みる
既婚(専業主婦) 辞めない まだリスクはとれない
既婚(住宅ローン有) 辞めない 論外

共働きであれば辞める選択肢をとります。

まだまだ月利20万では生活が出来ませんが、

「副業で20万稼いでいるから、本業にしたら・・・」

と説得できる可能性が出てきます。

ぼくの場合はこの段階で脱サラしました。

共働きでしたので気持ちに余裕はありましたね。

最初の3ヶ月は目をつぶってくれとお願いをし、必死で作業したのを思い出します。

妻が専業主婦の場合は、やはり不安がつきまといます。

ここは夫婦のリスク許容と、貯金にもよります。

6ヶ月やってダメだったら、就職するという制約をつけるなど行えば可能かもしれません。

月利30万

独身 辞める 生活も普通には出来る
既婚(共働き) 辞める 絶対やめる
既婚(専業主婦) 辞める 説得してやめる
既婚(住宅ローン有) 辞めない けっこう厳しい

副業で月利30万いく方は、相当実力があります。

専業で言うと月利70〜100万ちかいポテンシャルです。

この段階までくると、様々な経験をつけているので自信もついていることでしょう。

反対に副業として極めていく方向もありかもしれませんね。

辞めるのを希望する場合は、ぜんぜん余裕でやっていけます。

月利40万

住宅ローン有・・・家族で話し合い

副業で月利40万円。

ものすごい力の持ち主です。

とはいえ、ぼくが住宅ローンがある場合は話し合いで解決すると思います。

住宅ローンを払えなかった方の末路は悲惨です。

家をとりあげられます。

本業+ビジネスで返済を進めるのか。

それともビジネスで資産を増やしていくのか。

家族での話し合いが必要です。

おまけ

これはあくまで、ぼくの考えです。

脱サラ基準は人それぞれ違います。

どれだけリスクをとれるかで変わります、これは性格の問題もあります。

「脱サラはいつしたら良いか?」と人に尋ねても正しい答えはありません。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です