【売上を増やす5つのコツ】ヤフーショッピングがはねました。

2

スポンサーリンク

【売上を増やすコツ】ヤフーショッピングがはねました。

11月はAmazon、ヤフオク、楽天とボロボロでした。

唯一、ヤフーショッピングが好調!

嬉しい誤算でしたね。。。

11月の売上は404,240円でした。

かなり増えましたが、すごい数字かと言われたらそうでもありません。

で、す、が、

ヤフーショッピングは扱っているジャンルで、売上がぜんぜん違います。

同じジャンル内では、よく売っているお店だと思います。

食品やアパレルであれば月商120万程度の規模くらい?

えっへん!!

利益は175,372円

利益率43.4%です。

ヤフーショッピングは利益率は高めになりますし、価格競争もAmazonほどではありません。

これだけでは食べていけませんが、Amazonのオトモとしては優秀ですね。

売上を増やす5つのコツ

まとめてみました。

(転換率)(回遊)とか専門的な話は今回はしません。

1.スマホの商品ページを作る

ヤフーショッピング、楽天ではスマホページを別で作ります。

多くのお店がスマホを手抜きしています。

(よく見かける残念なパターン)

商品名:◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

商品説明:ブランド◯◯◯。かわいいおもちゃです。

対象年齢:3歳
※詳しくはPC版で説明を御覧ください。

説明はテキストのみでは分かりません。

ヤフーショッピングでは画像が何枚も貼れるのに・・・もったいない!

また、致命的なのが「※詳しくはPC版で説明を御覧ください。

もし書いていたら反省してください(笑)

ぼくらはPCで仕事をしているので、どうしてもPCを中心に考えます。

だから、スマホを手抜きするのです。

※これ重要※

5割以上の方が、スマホで購入しています。

今後も増えていくでしょう。女性客はさらに比率高め。

スマホの商品ページが手抜きであれば、そのままお店から離れます。

わざわざPC版に切り替えるよりも、他のお店を見たほうが早いですし。

興味もわかないでしょう。とにもかくにも、まずはスマホの商品ページを作成してください!

【備考】

ぼくがお店を出すときは、必ずスマホの商品ページから作ります。

このへんは説明が長くなるので、別で書きます。

2.レビューを増やす

レビューはどんどん増やしましょう。

11月で好調なときは、レビューが毎日入ってました。

レビューが増えるとSEO効果があるのですが、楽天ほど競争は激しくありません。

一番大きいのはお客様の安心感だと思います。

ほしい商品のレビューが無いときもあるかと思いますが、そういうときは他のレビューを参考にしているはずです。とりあえず、増やす施策はとっていきましょう。

ぼくの場合は、こんな感じです。

商品オプションでレビュー選択

・マルチチャネルのコメントでお願い

・発送通知でお願い

・到着7日後にフォローメール

151202-0002

ぼくの一番のオススメツール、ネクストエンジンでほぼオートマです。

3.言い間違えワードを入れる

商品説明に少しだけワードを足すと、流入が増えます。

例)キーホルダー

ひらがな、英語)キーホルダー、きーほるだー、きいほるだ、KEYほるだー、KEYホルダー

タイプミス)kiihoruda-

このワードをHTMLで、説明のどこでも良いので入れます。

<font size=1 color=”#ccc”>関連ワード</font>

そうすると…こんな表示になります。

キーホルダー、きーほるだー、きいほるだ、KEYほるだー、KEYホルダー、kiihoruda-

見えますかね?(笑)

これで検索打ち間違えをした際に、自分のお店だけが引っかかります。

相手が対策していれば別ですが、している店舗はほとんど見ません。

ちなみに1日1〜3人ほど、打ち間違えで来店してくれています。

あとで検索すると、ぼくのお店しか表示がありませんでした。

注意点は、白文字はNGとなります。

昔はやっていた手法らしいですが、現在は改善。

検索的にマイナスとなります。

また、ワード詰め込み過ぎもマイナスになる場合も。

今のところは大丈夫ですけど、ルール変更もありえます。

ぼくの場合は10個ほど入れてますが、現状問題はありません。

 4.デザイン外注も視野に入れましょう

以前の記事では、はじめての開店、外注はオススメしないと書きましたが、意見は変わっていません。

仕事を覚えるためにも、はじめは自力でやることをオススメします。

しかし、慣れてきたら少しずつデザイナーを入れていきましょう。

リニューアルは費用がかかります。現状のヤフーショッピング利益と計算して、採算のあうことをやっていきましょう。

繰り返しになりますが、ある程度売上をあげるノウハウを学んでいないと、外注してもムダです。まずは自分でできるところまでやってみる。数ヶ月間運用し、売上をつくる。

それでも限界だ、もう1歩上に行きたい。

そんな時にぜひ依頼してみましょう。

ぼくの場合は半年間は自力でやりました。

それくらいやると、だんだんと分かってきます。

「ここをこうしたら…もっと売上があがる」というポイントが。

そこをスポットで依頼します。

かなり効果的です。

5.愛情をもって育てる

「おいおい!何を言ってんだ?!」

と言われそうです笑

ですが、これがもっとも大事なポイントです。

ヤフーショッピングはあまり売れないと言われています。

出店手数料も無料です。だから愛情をかけないのです。

「売れればラッキー」

そんな思いでは、売れるはずもありません。

ぼくは常にいろいろと変えてきました。

これも手抜きをしてくれるライバルのおかげです。

「ここで売れるようになったら、絶対つよい!!」

と思ったからでしょうね。

数字とにらめっこしながら、改善してきました。

パートナーさんも入れて、商品ページもつねに変えたり。

商品数増やしたり。

Amazonは放置していても売れる、てのは強みです。

ですが、それはライバルが増えやすくなります。

ヤフーショッピングは愛情をもって育てれば、競合が追いつけない領域にいけます。

のんびりと育てていきましょう!!

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です