【事業拡大】と【維持】のバランスに悩む今日このごろ

s00122

スポンサーリンク

【事業拡大】と【維持】のバランスに悩む今日このごろ

Amazonが卸価格に近い値段で販売しています。これが出来る理由を考えたことはありますか?

※ここでのAmazon自身のセラーを意味します。

輸入品はそうでもないですが、国内製品はAmazonが牛耳っています。

Amazon社は2つの点で優れていると思います。

「圧倒的な販売力」

言わずもがな、ものすごい数の顧客を抱えています。

「物流の仕組み」

ものすごい数を発送するので、運送費も安い。

また梱包も自社で運営しているのでトータルで安い。

Amazonはメーカーから圧倒的な卸価格で購入しています。

これは想像できますよね。

メーカーとしても一度で大量に購入してくれるので嬉しい。

さらには、今後も継続して購入してくれるかもしれない。

Amazon>メーカー

の強さ関係になっています。

で、この販売力と仕組みは作れませんが近いことは出来ます。

イメージ

Amazon以外でも売れる仕組み作り。売上を増やす。

→法人化することで国内取引も増える

→配送契約を結ぶことで送料ダウン

→今まで取り扱えなかった商品も輸入

→販売力がつき交渉力をます

→売上が加速する

こんな感じで選択肢を増やしていくと、良い感じで事業拡大できるのではと思っております。

だがしかし!!

このように事業規模が大きくなると、今までと同じく一人では対応しきれなくなります。

「田舎でのんびり引きこもり」がテーマのぼくには荷が重そう・・・。

一番良くないのは何となく事業拡大してしまうことです。

売上が伸びれば在庫数リスクが増えます。管理も大変。

どのへんで止めるのかも重要ですね。

海外取引が破断

なぜこれを書いたのかというと、今現在、海外法人数社と取引をつめています。

その際には電話をメインとしています。

本来は成功率は高いです。

しかし、最終的には破談になることが続いています。

国外への輸出となると、手を引く企業が多いです。

たしかに考えてみると、日本企業へ海外から卸希望と電話がきても怖いですよね。

となると、こちらから圧倒的個数の仕入れを提案。

先方がメリットを感じる買い方をおこなう。

販売力が必要

あるいは、現地での物流の仕組みや、外注を駆使して安い価格で輸入を行う。

仕組が必要

このどちらかしか無いのかなーと感じています。

いずれにしろ、このへんを攻略したら圧倒的な差別化になります。

とはいえ、一気に拡大すると黒字倒産もありますからね・・・。

その点は気をつけなければいけません。

おまけ

海外Amazonで購入→転送会社で輸入

改めて、この仕組みは完成されていると驚かされます。

とはいえ、とても簡単なので誰でもできちゃいます。

それを超える仕組みには、かなりの時間とお金、労力が必要。

それさえ出来ちゃえば、ほとんど働く必要がなくなるのかも。。。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です