【輸入ビジネス】ステップアップ① 〜Amazon仕入・Amazon販売〜

yunyuu1

スポンサーリンク

【輸入ビジネス】ステップアップ① 〜Amazon仕入・Amazon販売〜

前にも同じようなことを書きましたが・・・

輸入ビジネスのステップアップです。

物販の肝となるのは、「仕入れ」「販売」の2つです。

仕入れの意味はそのまま。送料も含め商品を安く買うこと。

販売はその商品を多く売ること。高く売ること。

交渉をして安く仕入れる。

楽天、ヤフー、メルカリに出店してたくさん売る。

この2つが出来れば利益が出ます。

単純ですがそれが難しい

なにが難しいかというと、様々な場面で選択肢が発生するからです。

物販はゲームではないので、攻略本がありません。

手探りで進んだ道が間違っていた、なんてこともあります。

果たして自分の今やっていることが、正しいかなんて誰にも分かりません。

だからこそ迷います。

また、仕入れと販売力はバランスが重要です。

交渉をして1000個購入しました。

そのおかげで相当安くなりました。

Amazonでカートを独占したとして、月間で100個しか売れない・・・。

一方で、販売力は備わっている。

でも交渉が出来ないので仕入れ価格は高め。

何個も売れるが1個あたりの利益は数十円。

そんな作業を毎日続ける・・・。

両方を少しずつ成長させていくのがベストです

ゲームでよくあるレベルアップシステム。

ステータスに数値をふる時に、攻撃力に振り過ぎても、防御力に振り過ぎてもダメです。

物販もそれと同じです。

ぼくが考える成長ステップはこれです。

  1. Amazon 仕入/Amazon 販売
  2. ebay 仕入/Amazon+ヤフオク 販売
  3. 卸仕入/複数販路
  4. メーカー仕入/複数販路 販売

Amazon仕入・Amazon販売

輸入ビジネスを始める方の多くが通る道です。

手法は

・アメリカや欧州Amazonから仕入れる

リサーチは

・とにかく数で勝負

・たくさん時間が必要

ライバルは

・多い

・価格競争が頻発

・リサーチした商品が次回使えないことも

難易度は

・簡単

数値は

・売上を増やしやすい

・利益率8~15%

販売は

・Amazonという巨大プラットフォームにやってもらう

・手がかからない

特徴をまとめるとこんな感じです。

とにかく、かんたんなのが特徴。その分ライバルが多いです。

質よりも量を増やしやすいので、売上はかんたんに上がっていきます。

この手法を数ヶ月続けると・・・

必ず迷いが出ます。

「また値下がりだ…」

「利益率が悪すぎる…」

「リサーチした商品が利益が出なくなった…またやり直し」

「ヤフオクでも売った方が良いのかな…」

こうなってくると迷いが出ます。

時間をかけてヤフオクに出品したり、ネットショップ仕入れを模索したり。

それが予想よりも時間がかかったうえに、思った成果が出なくて泥沼ループ。

で辞める。

いかんです!!

迷いが出るのは良いことです。

どのステップにいようが迷いが出ます。

ぼくだって常に迷っていますし、悩んでいます。

これでいいんです。

ステップが上がれば上がるほど、花園が待っているわけではありません(笑)

Amazon仕入・Amazon販売は悪い手法ではありません。

最大のメリットは、とにかく手間がかからないこと

これを見逃してはいけません。

その分、利益率が悪くなるビジネスだと思えばOKです。

このステップを踏まずに、どんどん先に進むと躓きます。

まずは、安心のAmazonで仕入れる。

手間がかからず販売力がバツグンのAmazonで売る。

これをひたすら繰り返しましょう。

ここでヤフオク出品に手を出すのはオススメしません

その理由はまた次回に〜

おまけ

Amazonは価格が安いです。

みなさんも実感していると思います。

これは世界共通です。

どの国も異様な安さです。

必死こいてたどり着いた卸が(Amazon価格と同じ)ということもあります。

これは卸がダメなのではありません。

Amazonが卸価格(超薄利)で売っているということです。

Amazon仕入れも捨てたもんではありませんね。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です