【輸入ビジネス】ステップアップ② 〜ebay仕入・Amazon+ヤフオク 販売〜

yunyuu2

スポンサーリンク

【輸入ビジネス】ステップアップ② 〜ebay仕入・Amazon+ヤフオク 販売〜

成長ステップ

  1. Amazon 仕入/Amazon 販売
  2. ebay 仕入/Amazon+ヤフオク 販売
  3. 卸仕入/複数販路
  4. メーカー仕入/複数販路 販売

↑↑↑

1を見ていない方は、先に見ていただくことをオススメします。

次のステップはebay仕入・Amazon販売です。

「あれ?ヤフオクは?」

となりますが、いったん置いておきます。

まずは、ebay仕入・Amazon販売に専念です

手法は

・「BUY IT NOW」(即決)

・「MAKE OFFER」(値下げ交渉)

・オークション入札

リサーチは

・やや面倒

・時間がかかる

ライバルは

・少ない

・価格競争がそこまで起きない

難易度は

・簡単

数値は

・売上を増やしやすい

・利益率12~30%

今まではAmazon仕入にこだわってきましたが、ebay仕入も取り入れていきましょう。

全部を切り替えるのではなく、少しずつ増やしていくイメージ。

このebay仕入れのメリットは、ライバルが少ない&簡単

けっこう美味しいのです。

なぜこうなるかというと、

ebayは怖いイメージがあるからだと思うんですね。

だから踏み切れない人が多い。そして、踏み切った人はそのまま卸仕入に移行する。

だから、

「ぽっかり空いた穴」のようになっています

ぼくも1年前の今頃はebayを多用していましたが、利益率が5%くらい上がりました。

「他の人はなんで仕入れないの?!」

と思ったくらいなので、けっこう美味しい商品があります。

特にオークションは利益率30%商品もゴロゴロ存在します。

1回限りでなく何度もオークションに出す出品者もいます。

(大量に在庫を抱えた人が、安く出しているのでしょう)

※注意点※

美味しいことばかり書いてましたが、注意点があります。

それは8割以上の商品はAmazonで購入したほうが安いです。

ebayだけを見てリサーチするのは非効率です。

Amazonのついでにebayを見るスタイル、がグッドです。

ヤフオク出品

だんだんとebay仕入が増えてきたら、ヤフオクに出品しましょう。

手法は

・即決価格で出品

ライバルは

・少ない

難易度は

・やや難しい

数値は

・売れ行き(Amazonの10~50%)

・利益率は高め

ここまできてようやくヤフオク出品です。

ヤフオクは手間だと避けている人がいますが、多くの方は・・・

・返品/破損した商品を中古で売りたい

・Amazonで売れない商品を処理したい

・値下がりした商品を売りぬきたい

心当たりはありませんか??

もし思っていたなら・・・

ヤフオクがしんどい理由はそれです

上であげた商品は1個か2個。

利益は微々たるもの、もしくはマイナスを減らすための作業。

投資した時間に対しての、リターンが少ないです

ヤフオクは不要品販売のために使われますが、ぼくは違うと思っています。

何度も繰り返して出品する方法が最も効果的です。

それには「仕入れ」が重要です。

せっかく作ったページもライバルが多いとダメです。

ebayで差別化した商品だからこそ、寿命が長くなります。

この段階(差別化仕入れ)まできて、ようやくヤフオクをはじめるべきです。

今後継続して仕入れるものを売る

そのページが資産です

今後仕入れるつもりもない、たった1個の商品を売る

自分で時給を決めているようなものです。

ページ作りに力が入らないぶん、手抜きが伝わりますよ?

おまけ

ぼくもヤフオクには400商品ほど出品をしています。

1個にかかる時間は20分くらいです。

その中には過去1個も売れない商品もあります。

このページにかけた時給は0円です。

反対に一番売れているものは、半年で30回近く売れています。

1商品で利益5万くらいですね。

このページにかけた時給は15万円です。

このページはいわば資産です。

今後、手を加える必要もありません。

放っておけばさらに時給が上がっていきます。

目先の500円ではなくて、「ページを資産にする」つもりでヤフオクにトライしてください。

ebay仕入れはライバルも少ないので、資産になる可能性は高いですよ。

あとは売れるかどうかは自分次第!

それもやりながら成長していくしかありません。

裏ワザなんかないっす。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です