【輸入ビジネス】ステップアップ④ 〜複数販路〜

スポンサーリンク

【輸入ビジネス】ステップアップ④ 〜複数販路〜

↑↑↑

1〜3を先にみて頂くことをオススメします。

前回で一気に書こうと思ったのですが、

集中力が途切れて

内容が多くなったので内容分けました。

卸仕入後について書きます。

この段階まできたら、必ずAmazon以外での販売も考えましょう。

複数販路

この内容は今まで何度も書いてきましたが、また書こうと思います。

僕も日々成長しているので、考えが変わっていますしね!

①売上が増える

これはそのまま!

1個でも売れればOKです。

②アカウント停止に備えることができる

びくびく怯える必要がありません。

と言うとウソですが、気持ちにゆとりができます。

アカウントがとまったとしても、なんとか大丈夫です。

相当な痛手ですが、ビジネスは破綻しません。

③信頼度が上がる

展示会にいったり、海外で交渉するときも、

Amazonのみで売っていても評価されません。

「あなたが」ではなく「Amazonが」売っていると思われます。

とくに展示会ではAmazon販売といった時点で、打ち切られることがあります。

④真のノウハウが手に入る

はっきり言うとAmazonでどれだけ売っていようが、それは実力ではありません。

Amazonと商品がすごいんです。もちろん交渉がうまいとか、OEMがすごいとか、てのはあります。

ですが、販売能力の差ではありません。

⑤参入障壁&差別化

Amazonは真似できますが、他では出来ません。

⑥利益率が上がる

これは言わずもがな。手数料が安いので助かります!

反対にデメリットです。

ただ、それだけ書いてもしょうがないので、どう対処してきたかも記載します。

①とにかく時間がかかる

まさにこれです。約3ヶ月以上、時間を費やしました。

(対処)

交渉をして卸仕入れをしていました。

となると、リサーチはそこまで必須ではなくなり、時間が作れます。

いったん商品探しをやめて、お店作りに費やしていました。

その間、Amazonの売上は頭打ちになりましたが、割り切っていました。

②知識が必要

HTMLの知識が必要です。また、デザイン能力も多少いります。

(対処)

全くの知識なし状態でスタート。HTMLすら知りませんでした。

ネットを見ればいくらでも情報はありましたし、難しくありません。

デザインも、ネットで商用OKの無料画像がいくらでもあります。

それを使ってました。

③発送が面倒

自分で送るのは手間ですね。。。FBAの有り難みがしみます。

(対処)

初めは全て手作業で送ってました。マルチチャネルです。

段々と面倒になってきたので、どうしようかなと迷っていたところ、ネクストエンジンと出会う。

手放せないツールです。

勝手にマルチチャネル発送してくれるので、今は受注処理にかける時間は0分になりました。

宣伝抜きでスーパーおすすめツールです。

④いろいろと大変なわりに売れない

これはそのまま。Amazonと比べると労力に見合いません。

(対処)

これは信じて続けるしかありません。全てが積み上げ型です。

9ヶ月前にヤフーショッピングに出店。初めは月の利益が1万くらい。

今はAmazon以外をいろいろ合わせると、月利30〜40万。

続けたからこそ、だと思っています。

とりあえずはじめましょう

今まで何度も書いてきた内容です。

「何から始めるの?」と疑問に思った方は、いろいろと過去記事をあさってみて下さい。

とりあえず大事なのは第一歩目です。

まずはそこから。

大事なことを忘れてました・・・。

卸仕入れをした段階で、なぜ複数販路にすべきか。

これは、仕入れでの差別化ができているからです。

もちろんライバルはいます。でも寿命は長い傾向。

商品ページを作った

→Amazon価格&仕入れ価格は安定

→継続して出店

という流れです。

Amazon仕入れをメインにしている

→ページを作った

→セラーがいないorAmazonで値下がりしまくり

仕入れられない

それではもったいないです。

卸仕入において、

たくさん購入できる人は、仕入れ力が強くなります。

たくさん買える→→仕入額安

↑↑↑       ↓↓↓

たくさん売れる←←利益率増加

流れに乗れば、いい感じでグルグルまわっていきます。

「たくさん売れる」が備わってなければ、サイクルは途切れます。

ということで、このタイミングで販路を広げることをオススメします!

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です