欧米輸入を1年半やった僕が、中国輸入を始めて感じた4つのこと

E4B8ADE59BBD

スポンサーリンク

欧米輸入を1年半やった僕が、中国輸入を始めて感じた4つのこと

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

この正月期間もゆっくりせず、がっつり物販をやっていました。

1年の前半はガッツリと新しいことに、チャレンジしようと思っています。

始めたのは中国輸入です。

数年前から本格的になった市場で、現在は飽和していると言われていますね。

輸入ビジネスをやる人は、欧米→中国と移行する人がけっこういます。

反対に、中国→欧米はいないかもしれませんね。

情報集め+リサーチ

している段階ですので、あまり偉そうに言えませんが・・・

1年半、欧米輸入をやった僕が、

中国輸入に取り組んで感じたことを書いていきます。

難易度は低い

まず感じたのは、難易度は低いです。

たぶん欧米よりも楽だと思います。

中国では代行業者を使うのが一般的です。

「日本から購入してそのまま日本へ送る」

というわけではありません。

代行業者もたくさんの数があり、好きな会社を選べます。

1社独占かつ質が悪い、ということはありません。

顧客が選べるのは優位です。

その為、購入もかなり安心して行うことが出来ます。

アメリカ、ヨーロッパではトラブルが起きた時は自分で解決する必要があります。

交渉も自分でやるか、翻訳さんを雇うか。

そういった必要がありません。

ただ、リサーチにおいては面倒なことが多いですね。

なかなか発見できないことがあります。

後は、商標権の確認も必要となります。

とはいえ慣れれば大丈夫かなーと。

欧米輸入でリサーチに慣れている人は、さほど苦痛に感じないでしょう。

競争が激しくなっている

競争が激しいとよく聞いていましたが、それは感じました。

「ノーブランド」と検索して出てくる上位商品は、ほとんど価格差がありません。

ロッド買い(1000個以上)をして、それを船便で送る。

それを利益率10%の薄利で回し続ける。

そんなイメージかと思います。

このへんも欧米と同じ道をたどっていますね。

交渉力、資金力が必要となってきています。

なかなか小規模事業者だと戦えない商品もあるでしょう。

欧米で結果を出した人は、例外なく交渉をしてきたはずです。

ですので、こういったロッド仕入れも抵抗なく出来るのではないかと思います。

これは欧米出身者の強みですね。

利益率は高いです

やはり利益率は高めです。

30~40%はゴロゴロ眠っていますね。

国際送料が安いのも特徴です。

アイディアが重要になります

欧米よりもアイディアが重要になります。

中国で稼いでいると思われるセラーは、かなりアイディアを使っています。

例)ノーブランド商品+自社パッケージ

ノーブランド商品…200円

自社パッケージ…20円

販売価格…1980円

利益額) 約1500円

月間販売個数) 約100個

1商品で利益率70%、月利30万以上…

このような商品もリサーチをしていて出てきます。

とはいえ、そうカンタンな話でもなく…

ここまで育てるのに色々な努力が必要です。

欧米では仕入れ勝負ですが、中国輸入はアイディアが重要です。

なんとなく利益率が高いからと参戦すると、痛い目に合う気がしますね。

おまけ

中国へ移行する輸入ビジネスの方が多いですが、なんとなく理由が分かった気がします。

このアイディアは欧米輸入にも生きると思いますし、楽天に出店した時も中国輸入者は強いと思います。

いろいろ大変なことは多いですが、未経験の方はぜひやってみることをオススメします。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です