商品単価について。単価は関係ないて一般論から、もう少し深く考察してみる。

gettyimages_170640959

スポンサーリンク

商品単価について。単価は関係ないて一般論から、もう少し深く考察してみる。

単価、たんか、タンカ、短歌?!

商品単価について、最近は深く考えているのでそれについて。

言うまでもありませんが、商品単価=商品価格です。

ここでは客単価ではなく、1品あたりの単価をさします。

単価はあまり関係ないですよ!

変な縛りがあって、月間で100個しか売ってはいけない。

そういう状況だったら、商品単価は高い方が良いのは誰でも分かります。

ですが、

FBAの場合は出荷まで全てAmazonが担当してくれる。

だから利益率さえ良ければOK!

てよく聞きますよね。

一番ダメなのは薄利多売であること。

これは1個1個の利益が薄いため、梱包、発送にかける手間・人件費が追いつかないため。

作業の割に報酬が見合わないからです。

FBAの場合はこれに当てはまりません。

これは合っています。

しいてあげれば、納品代行を使っている方は当てはまるかもしれません。

1商品につきラベル代10円~30円がかかります。

これに商品単価が安い、高いは関係ありません。

それ以外はとくに関係ありません。

むしろ、単価が低いことの方が良いことがあります。

それは返品が減ることです。

お客さんには悪いですが…

1000円くらいの商品の悪いレビューを見ると、返品したいけど安いから諦める。

(僕のではないですよ)

て声がけっこうあります。

安い場合は諦めれますが、高額な場合はそうはいきません。

「絶対返品してやる!」て思うはずです。

僕たちの仕入の時もそうですよね。

ですので、単価が高いことはFBA販売においては必ず良いわけではありません。

さらに突っ込んで考えます。

相乗りなのか?それとも更に上を見るのか?

物販を大きく2つに分けます。

・Amazon相乗り出品

・それ以外

かなりざっくり分けました(笑)

もし、「一生Amazon相乗り出品だけでやる!」て場合は、ここからの話はきかなくてOKです。

では続けます。

僕自身は今は相乗りが多いですし、それを横展開していっています。

ですが、法人化したこともあり新しい戦略を考えています。

Amazon新規出品&OEMを行い、それらを楽天/ヤフー/ネットショップに展開する予定です。

となると重要なのが単価設定です!

一番重要視しなければいけないのが「広告費

Amazonでも楽天でも、新規出品時は広告費を投入しなければいけません。

始めは商品が発見すらされませんので。

ネットショップに至っては、はじめは砂漠の中に出店すると言われるほど無謀です。

となれば広告費をどれだけかけるのか、を考えねばなりません。

そこで、当たり前の事実かつ重要なのが…

広告費は単価に関係ないってことです。

一例として、スマホケースを例に出します。

スマホはほぼ全ての人といっても過言ではないほど、顧客が存在します。

となれば、スマホケースで売れる商品が出来れば収益性はすごいわけです。

ですが、スマホケースは超レッドオーシャンであり供給もすごいです。

多種多様な製品がすでに存在します。

価格が安い、高級感、耐久性、かわいいデザイン、etc

とにかくスキマが少ないです。

こんな中で勝ち抜いていくには…

まず適正な単価設定が必要です。

仮に1000円とします。

原価はロッドにもよりますが、初期であれば200円くらい。

販売後の諸経費抜いて、利益率は30%とします。

次に広告の投入です。

広告をうたずに売れる、てのが理想ではありますが序盤は無理です。

安い価格で販売し、レビューを獲得。SEOを上げるという流れです。

ですので、最初は赤字覚悟でいく場合もあります。

スマホケースの場合は、

転換率が約4%くらいだと言われます。

となると、1個売れるのにかかる流入数が25人。

スマホケースは人気キーワードなので、広告費も割高です。

Amazonはまだ安いと思いますが…1クリック30円はします。

となると、1個売れるまでにかかる広告費は25×30=700円

1個売れた時の利益=300ー700=−400円

赤字になってしまいました。

これは極端な例なので、転換率を上げる。

あるいは的を絞って、広告費を投入するとより効果は上がるかとも思います。

いずれにしても、低単価だと体力勝負である可能性は高いです。

一方、高単価の場合はケースが変わります。

仮にビジネスバッグとします。

(リサーチは行ってませんので、あくまで想像です)

で単価を10000円とします。

利益率は同じく30%、利益額3000円。

スマホケースと同じ広告費30円とします。

(実際ここまで高くはないです)

同様に転換率は4%、1個売れるまでのクリック数25人。

1個売れるまでにかかる広告費は25×30=700円。

1個売れた時の利益=3000ー700=2300円

利益率)23%

広告を投入しても採算が合いますね。

これであれば広告費を投入しながら、SEO上昇を待つだけです。

同じ広告費でも単価によって大きく位置づけが変わります。

とはいえ、単価が変わると

・品質徹底

・商品ページの出来栄え

が一層求められます。

転換率も単価が上がると、下がっていく傾向にあります。

理想は、

単価が高く

品質徹底を行い

商品ページをしっかり作りこみ

転換率を4%以上

です。

高単価に挑む場合は、販売力の向上。

低単価に挑む場合は、広告費の管理と我慢。

全員に適した理想の単価は存在しませんが、自分にあった単価設定が一番の近道ですね。

おまけ

最近見ている動画がこれです。

マリオメーカープレイ動画(midnaさん)

たまたま見つけてずっと見てしまいました…。

子供の頃、自分は上手いと思っていましたが…

井の中の蛙すぎました。

世の中にはとんでもない人がいますね。。。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です