【初心者向け】利益をどこで意識するか?

117

スポンサーリンク

【初心者向け】利益をどこで意識するか?

事業にとって「利益」は重要です。

これから始める方はまず一度仕入れ&販売をやってみてください。すでに、1回以上仕入れをやった方はぜひこれを決めて下さい。

「いつから利益を求めるのか?」

これを決めないと・・・

「3ヶ月やったけど儲からないから辞めよう」ということになりがちです。

はじめから利益を求める場合

始めから結果を求める場合です。

早く目に見える結果を求めたい。あるいは、資金が少ない場合はこちらを選択せざるを得ないかもしれません。

この道は険しいです。

副業やネットビジネスは軽視されがちですが、立派な事業です。物を仕入れて販売する。利益を出すことは考えるほどカンタンではありません。

Amazon販売の場合は、仕入代金こそ発生しますが、その他経費はほとんどかかりません。一般的な店舗販売、飲食店、初年度赤字なんてことはよくある話です。

僕だったらどうするか?

もし、僕が過去に戻ったとしたら・・・

こんな感じで進めます。

〈目標数値〉

項目(月)  . 目標数値          .
売上 50万
利益 10万
利益率 20%
達成予定 3ヶ月~半年

まずはこの数値を目指します。売上50万にしたのは質を求めた結果です。

よくある数値として月商100万。これを目指すには仕入れは約100万は必要。

となると、無理した仕入れが必要になることがあります。一方で、月商50万であれば多品種少ロッドで幅広く取り扱うことが出来ると思います。これはあくまで経験則での数値判断です。

達成予定は、3ヶ月~半年と幅広くとっています。無理して目標を決めると、無理した仕入れをするかもしれないからです。

〈リサーチ〉

リサーチ方法         .                       .
セラー
商品 ◯ 
ebay ◯ 
ネットショップ ◯ 

セラーリサーチはやりません。商品は見つかりやすいですが、競争に飛び込むことになります。

リサーチは商品リサーチ一本です。人気順に並び替えたり、新規に並び替えたり。出来る限りライバルが少ない商品を探していきます。

ebay、ネットショップは仕入先リサーチです。Amazon.comだけでなく、他の仕入先も探します。出来ればメーカーサイトも見ます。

Amazon以外も見ると時間はかかりますが、掘り出し物が見つかることがあります。直接取引に繋がることも多いので、効率が悪くても続けます。

〈仕入れ〉

仕入先           .                       .
amazon
ebay ◯ 
ネットショップ ◯ 
直接取引

仕入先はebay、ネットショップを中心にします。よほどライバルが少ない場合以外は、Amazonでの仕入れは極力避けます。

直接取引は序盤は避けて、3ヶ月経過してから始めていきます。タイミングとしてはかなり早いですが、利益率を上げるためにはどうしても必要です。もちろん大ロッドは避けて、2~10個の範囲内で進めます。

〈その他〉

・欧米をメインでやります。

➝中国はメリットもあるが、難易度がやや高いので

・1回の仕入れで少なくとも10キロ以上になるようにする。

➝利益率にこだわるので、その分リサーチは死ぬほど大変

・FBA納品は自分でやる

➝納品が遅れても良いので自分でやる。経費はとことんかけない。

はじめは練習として、利益を求めないでいく

「はじめの3ヶ月は利益無しでも良い」といった練習期間として捉えます。

ここでやることは、売上を増やすこと。そして、たくさんの商品を扱って経験値を得ることです。それも出来るだけ高回転で。

仕入れは何回も行い、そのたび反省し、ろ過していくことで良い商品ラインナップになります。

「50商品しか無いリストから、10商品選ぶ」

「1000商品のリストから、10商品選ぶ」

では全然結果が違います。

結果には少し目をつぶると、今はダメでも将来性がある商品を見つけることもあります。スポーツでもよくある、結果は度外視して若手を使い、数年先に向けて育てる感覚と似ています。

僕だったらどうするか?

こんな感じで進めます。

〈目標数値〉

項目(月)  . 目標数値          .
売上 100万
利益 10万
利益率 10%
達成予定 3ヶ月~5ヶ月

月利10万を出すなら、この数値比率が一番カンタンです。

利益率は低いですが、練習と捉えているので良しとします。商品数は多く扱っているはずなので、今後の取引へと繋げていきます。ここから半年以内には、利益率20%を目指していくのがベストかと思います。

気をつけるのは、この数値自体は決して優秀ではありません。このスタイルで続けると、利益率が低いまま在庫金額が増していき、事業として不健全です。

あくまで練習の数値です。

利益率が改善しないまま、売上を伸ばすのは危険です。

〈リサーチ〉

リサーチ方法         .                       .
セラー
商品
ebay
ネットショップ

基本はセラーリサーチをします。

何でもかんでも仕入れはしませんが、利益率10〜15%のものは積極的に仕入れ対象とします。また、リピート仕入れ時は、ebayやネットショップのチェックも行っていきます。

〈仕入れ〉

仕入先           .                       .
amazon
ebay
ネットショップ
直接取引

仕入先はAmazonメイン。ebay&ネットショップは商品によっては仕入れ。

直接取引は時間がかかるのでパス。練習期間が終われば、すみやかに移行していきます。取り扱い商品が多いので、質を高めることも難しくありません。

先も書きましたが、小売仕入で規模を伸ばしていくのは危険です。練習期間で上手くいったとしても、ビジネススタイルは必ず軌道修正していきましょう。

〈その他〉

・欧米をメインでやります。

➝これは同じく

・1回の仕入れで出来る限り30キロ以上になることを目指す。

➝1個あたりの転送コストを下げる

・FBA納品は代行会社に任せることも検討

➝利益率は下がるがリサーチ&仕入れに専念が出来る。どちらでもOK。

まとめ

オススメは始めの3ヶ月を練習とするパターンです。

始めから利益を追求し過ぎると、なかなか成長曲線が描けません。

まだ、はじめたばかりという方は焦らず進めて下さい。仕事においても、スポーツにおいても始めは練習です。それはビジネスも同じです。

半年間は利益いらない、てスタンスの方が後々上手くいくことがあります。利益をとるタイミングを決めるのは自分次第とはなりますが、決めておくと方向性がはっきりします。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です