GWにまったりと〈ネット物販を考える〉

1506shiroyama3-300x198

スポンサーリンク

GWにまったりと〈ネット物販を考える〉

すごい久しぶりの更新…。

何をしていたかというと(当然ですが)『物販に力を入れてました

ブログ更新に使っていた時間を、物販に当てておりました。

ことの経緯としては…

さまざまなことが起きた今年の2月です。

まずは私事ですが法人化をしました。

やることは個人事業主と比べても違いはありません。

とはいえ、これを何年も続けていくには、しっかり根をつけた経営が必要です。

同時期におきたのが、Amazonカートボックス仕様変更です。

均等にカートを振り分けられる仕組みから、同じ人がカートを独占する。

これにより、不毛な価格合戦が起き、売上もおちました。

「みなさんはいかがでしたか?」

僕は多大なる影響を受けました。

Amazon相乗りでの利益比率は約50%でした。

一般的な販売者よりは良い状況かもしれませんが、法人としては厳しいです。

Amazonの仕様変更次第で、経営方針・状況が変わってしまいます。

ヤフー、楽天、メルカリと販路は広げておりましたが、まだまだ改善が必要…。

目指したのは、

・相乗り販売比率を下げる

・Amazon オリジナル(新規)強化

・別販路の強化

てことで数ヶ月いろいろ試した結果…

ようやく芽が出始めました。

来月には、新事業単独で月利30万はいけそうかな、というラインです。

販路の強化は着手できていませんし、それ以外もまだやることが多々あります。

GWはゆっくりしていますが、明けてからは気を引き締め直してやっていこうと思います。

2月のカート仕組み変更ではかなり冷や汗をかきましたが、自分が変化し良い方向へと進めたので、感謝しています。

これをどう捉えるのか?

3月にもカートアルゴリズム変更があったと、セラーフォーラムに投稿がありました。

ご返信ありがとうございます。アマゾンで商品が売れるか売れないかの問題だけではなく、このような意味不明な変化とシステム障害、トラブルなどに疲れています。

〜中略〜

とにかくアマゾンは自分と購入者に優しいけど、出品者はどうでもいいですね。

〜中略〜

カートボックスの獲得率のためにみんな価格合戦になり、損するのは出品者だけです。他の販路がないと長く続けないと感じています。楽天は本業、アマゾンは副業だと言っている人が少なくないですね。楽天進出を考えております。

これを読んだときの感想ですが・・・

「投稿した理由は何なのか?」

よく分かりません。

批判するわけではありませんが…

・Amazonにシステムを変えて欲しいのか?

・なんとなくグチをこぼしたいのか?

・楽天にいくよ、と脅しをかけたいのか?

こんな投稿をする暇があれば、30万払って楽天に出店申請すべきです。

決して楽な市場ではありません。

お客さんはたくさんいますが、ライバルもたくさん。そして、強いお店ばかり。

そこで勝ち抜くにはとにかく努力が必要です。

なんとなく…

Amazonが腹立つから出店する。

そんな理由では売ることは出来ません。

今まで楽天、ヤフー、メルカリ、ヤフオク、ネットショップと多々出店してきましたが、商品を売ることにかけてはAmazonが断トツでカンタンです。

その中で何を選択するか。

それでもAmazonにこだわるのか?

リスクを取って楽天にいくのか?

思い切ってネットショップにするのか?

それを舵取りしていくのも、

物販の楽しみであり、悩みどころの一つです。

おまけ

この数ヶ月物販に注力するにあたり、稼いでいると思われる出品者・お店をリサーチしてみました。

その結果、稼いでいる傾向は2パターンあることが分かりました。

1つは、猪突猛進タイプ。

レッドオーシャンだろうが、なんだろうが突っ込みます。

売るためには、(変な意味ではなく)何でもやります。

写真撮影や商品ページの作りこみ。レビュー依頼。SEO対策。

リサーチメインというよりは、そのあとが強いタイプです。

このタイプは需要があるところに突っ込むので、ヒットした時のリターンがすごいです。

他の人が面倒くさくてやらないことを、徹底してやります。

2つは、水タイプ。

需要と供給バランスの見極めが非常にうまい。

アナリティクスやライバルチェックを行い、需要>供給ポイントを見つけ、そこを水が入るように埋めていく。

リサーチがとにかく上手く、作りこみもリサーチ結果を反映させる。

レビュー依頼などは特に力を入れず、自然の売れ行きに身を任せる。

理想はどちらもですが…

僕は後者のほうが向いていそうです。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です