【物販の基本】在庫の持ち過ぎは危険?!

samu3

スポンサーリンク

【物販の基本】在庫の持ち過ぎは危険?!

物販で利益を生み出していくには。

お金(仕入れ金)→在庫→お金(利益)

錬金術のように変化させていく必要があります。

つまりは

在庫は大事です。

が!

持ち過ぎは危険です。

在庫を抱えすぎて倒産する。

利益が圧迫する企業は山ほどあります。

こんなサイトもあるくらいです。

在庫買い取り

なぜ危険なのか解説してみたいと思います。

クレジットカード仕入れは借金?

欧米仕入れの場合はクレジットカードがメインかと思います。

057a47489b1791c1805e5dabc3500470

あまりよくない考えとして…

「返済まで時間があるから、資金はいらない」

と聞くことがあります。

間違ってはいませんが、捉え方を間違えると危険です。

クレジットカードで仕入れをするときは

こんな感じをイメージしておくのがオススメです。

aaafdsaf

※悪い借金ではないので。ここまでビクビクする必要はありません。

クレジットカードは

お金が出てくる魔法のカードではありません。

2ヶ月後には返済をしなければなりません。

(当たり前ですが)

また、リードタイムを加味する必要があります。

※仕入れから販売開始までの期間。この間は当然売れることは無い。

仕入れた日からFBAに入れるまで約2週間。

そして、売れてから支払いまでも約2週間。

実質は

1ヶ月間で返済が必要となります。

「200万在庫を買った!」

でも

「ぜんぜん売れなくて100万しか回収できてない!」

ではお話にならないです。

なんとなく

在庫過多が怖い理由が分かったと思います。

仕入れのキホンは1ヶ月分

仕入れをする際はキホン1ヶ月分だと思って下さい。

とくに初めは徹底的にこだわってください。

Amazon販売だと

予期せぬライバル増加、値下げなど。

計算よりも回収が遅くなるケースが多いです。

大丈夫だろうと、

多めに購入すると支払いまでに間に合わなくなってしまいます。

1ヶ月回収は至難のワザ

仕入れた商品が全て売る。

支払い分が余り、なおかつ利益が出る。

これは理想です。

現実としては

なかなか難しいです。

ですので、自己資金を用意しておくのをオススメします。

回収が間に合わない場合は、そこから補填して下さい。

「儲かっていない」感覚になりますが

少し遅れて回収し、それが利益になります。

自己資金の目安ですが

最低でも1ヶ月の仕入代金は持ちましょう。

月に15万仕入れる方は、15万を用意。

月に100万仕入れる方は、100万を用意。

一般的な企業は

平均で月商の2か月分〜2.5か月分らしいです。

個人ビジネスは経費がぜんぜん違うので、

ここまで持つ必要はありません。

回収が遅い商品の善し悪し

1ヶ月がキホンだとすると

それ以上は応用編となります。

直接取引なのでよくある話。

たくさん買ったら安くしますよ。

1ヶ月で10個売れる商品。

仕入値は1000円。

一度に50個買ったら10%引きの900円になる。

こんな商品があるとします。

回収を優先する場合は、10個の仕入れ。

利益率を優先する場合は、50個となります。

とはいえ

利益率が上がるのは微々たるもの。

回収は5ヶ月ちかくかかるので、よくありません。

あくまでもキホンは1ヶ月分で考えて下さい。

在庫は重要です

ここまで書くと

在庫=悪

と捉えてしまうかもしれません。

当然ですが在庫は重要です。

これは人間の食事と同じだと考えて下さい。

食べないと人は死にます。

ですが、食べ過ぎると不健康になります。

在庫も同じで

適正な量は常に供給する必要があります。

一方で在庫を増やし続けると、ビジネスも不健康になります。

あくまでも、適正量を守るのが重要です。

おまけ

ビジネス初期は

とにかく在庫を抱えまくってました!

はっきりと意識していなかったんですね。

在庫は経理上だと資産なので勘違いしてました。

売上と比較して

在庫が1.5倍以上ある場合は危険です。

常にチェックをしましょう。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です