輸入ビジネスで月利10万に向けて最初にやること、まとめ

副業で毎月10万円を稼げた場合、

年収が120万円もアップします。

今日は輸入ビジネスで月利10万円を超える道筋を記載いたします。

スポンサーリンク

輸入ビジネス準備1

1.資金30万円を貯める。

ビジネスは現金が命です。

輸入ビジネスはクレジットカードでの支払いですので、

資金が不要という方もおります。

ですが、実際は難しいです。

なぜ30万なのかというと、

月利10万以上を得るには、少なくとも30万以上の仕入が必要です。

販売で得た金額もありますが安心できます。

2.輸入ブログを読み漁る。

昔と比較すると、輸入に関しての情報があふれています。

本・セミナー・メルマガ・コンサルなどありますが、

まずはブログで十分です。

利点は無料であること、情報が新しいことがあげられます。

3.販売先と仕入先を決める。

販売先はAmazon、ヤフオク、ヤフーショッピング、楽天などがあります。

Amazon販売をお勧めします。

はじめのうちはヤフーショッピング、楽天はお勧めしません。

仕入先は欧米・欧州・中国とありますが、

初期は欧米をお勧めします。

理由はリサーチがしやすい、売りやすい、粗悪品が少ないです。

4.クレジットカード作成

欧米輸入であればクレジットカードが必要です。

クレジットカードは多ければ多いほど良いです。

注意点は一気に作ろうとすると、

お金に困っていると思われストップがかかります。

毎月コツコツ2枚ずつ作成をしてください。

5.Amazonの大口アカウント契約

Amazonで販売していくにあたって契約が必要です。

といっても明確な審査はなく、誰でも販売が出来ます。

ヤフオク・メルカリでは個人が販売しているのが普通ですが、

個人で売るならAmazonで売るのも同じくらい楽です。

月間で4980円かかりますが、最初の3ヶ月は無料です。

3ヶ月もあればなれますし、万が一合わなくてやめるとしても、

ちょうど良い期間です。

6.Amazon.comのアマゾンプライム契約

仕入はアメリカのAmazonから仕入をします。

日本のAmazonでも多くの輸入品が販売されています。

その多くはアメリカAmazonで売っている物です。

利幅がとれるものを仕入れて、販売します。

Amazonプライム登録は配送時間短縮のため行います。

アメリカ国内の配送は国土が広すぎて、日本と比較すると遅いです。

Amazonプライムは配送時間短縮に必須事項となります。

7.MYUS登録

MYUSは貸倉庫を営んでいる米法人です。

アメリカから日本への配送を行っていないことも多々ありますので、

アメリカAmazonで購入した商品は、一度アメリカ貸倉庫に送ります。

当然ですが貸倉庫から日本へは法律違反でなければ、

全ての商品を送ってくれます。一度に送ることで輸送費も抑えられます。

MYUSの登録はAMEXカードを使って登録すると30%オフになります。

必ず作成しておきましょう。

現在はMYUSを下回る価格で対応してくれる日本法人も増えてきました。

このへんも多くの方がブログで発信しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

MYUSはクオリティーは低いですが、歴史もあり多くの輸入ビジネス者が

使っているのも事実です。迷ったらMYUSにしておきましょう。

これで登録は完了です!

一番めんどくさい箇所ですが、

粘り強くやってみましょう。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です