月利10万への道、いよいよ仕入をしていきましょう。

いよいよ本格的に仕入を行っていきます。

はじめは利益率は気にせず、損をしないを目標にやっていきましょう。

スポンサーリンク

輸入ビジネス準備3

1.リサーチして見つけたリストデータを増やしていく。

チェックするのは、ASIN 番号と商品名くらいでOKです。

だいたい商品の重さが10キロ程度、もしくは50個見つかったら良しとします。

2.クレジットカード締め日、翌日まで待つ。

クレジットカードの支払い期限をギリギリまで伸ばすため、

締め日翌日まで待ちます。

ルールを守れば支払い期限が45ー50日程度猶予があります。

現金が30万あればキャッシュフローに苦しむこともないでしょう。

3.仕入を行う。

それでは実際に仕入をしましょう。

今まで貯めたリストから、仕入日時点で価格差がある商品を仕入れていきます。

おそらく仕入日時点で50商品リストがあったら、仕入できるのは30商品程度です。

仕入れ価格は変動していきますので、気にせず進みましょう。

4.MYSUへ送る。

事前に登録してあったMYUSへ購入した商品を送ります。

5.MYUSから日本へ送る。

Amazonプライム登録を行うと、数日でMYUSに荷物が到着します。

全て商品が揃うのを待って日本へ発送をします。

その際に仕入価格を入れる必要がありますが、

購入履歴を見ながら行ってください。

6.日本で荷物を受け取り。

だいたい5〜7日で日本に荷物が到着します。

本業があると受け取りができない可能性がありますが、

奥さんに受け取ってもらうか、再配達で対応をしてください。

7.FBA納品

受け取った商品をAmazon倉庫へ送ります。

プリンターとラベルが必要です。

8.販売開始

商品到着から48時間以内に販売が始まります。

いよいよ輸入ビジネスがスタートします!

はじめは自分で納品しましょう!

7のFBA納品については外注が可能です。

「FBA納品代行会社」と検索するといくつも出てきます。

で・す・が

はじめは自分で納品を行うことをおススメします。

実際に商品を見ることは重要です。

何より採算が合わなくなります。

本業で大変かと思いますが、全て自分でやりましょう。

とは言っても私の副業時代は全て外注してました…。

利益額が少なかったのはいうまでもありません。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です