最強配送サービス、Amazonマルチチャネル。中小規模店舗は使い倒せ!

url

みなさん配送はどうしていますか?

ネットショップをやるからには、

配送契約を結ばなければいけないんでしょ?

決してそんなことはありません。

今日は私が使っている配送方法をご紹介いたします。

残念ですが裏技的な方法はありません笑

なにかの参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

配送契約とるのは物量次第

現在Amazon以外の販路もあるので、

毎日、自分で発送する必要があります。

そんな私ですが配送契約を結んでおりません。

理由としては、配送契約を結ぶにもある程度、

月間個数ノルマが課されるからです。

以前は物量を無理に増やして配送契約を結ぶため、

薄利で売っていましたが、

それは労力対効果が薄いのでやめました。

(Amazon以外での安売り…絶対おすすめしません!)

今、現在も配送契約を結んでいません。

マルチチャネルを使い倒せ!

みなさん大好きマルチチャネル笑

使い倒しましょう!

メディア小型商品、通常配送で298円

メディア標準商品、通常配送で401円

通常商品でも500円ー700円で配送してくれます。

金額的には安くはないですが、

・梱包資材費削減

・梱包の手間

・発送の手間

これが削減できてこの値段、やはり安いです。

さらに、こんなお得なことが・・・

・追跡番号付き

・代金引換対応

・時間指定

追跡番号付きはやはりありがたい!

お客様で気にされる方は結構います。

発送依頼もとても簡単。

1分で終わります。

自分でやるのが面倒なら外注スタッフを雇えば、

毎日の手間も削減できます。

マルチチャネルの弱点とは…?

そんなマルチチャネルにも弱点があります。

地区・タイミングにより配送が遅い

使っている倉庫は小田原になります。

倉庫によっても違うのかもしれませんが、

びっくりするくらい配送が遅い時があります。

関西方面の配送は、依頼日から2−3日かかります。

関西でも地方の方は気にしないかもしれませんが、

大阪の方は早い受け取りに慣れているはずです。

(マルチチャネルを使ったネットショップ)

8月1日12時に購入

→1日14時にマルチチャネルを依頼

→到着8月4日

到着まで3日

(Amazon購入、大手ネットショップ)

8月1日12時に購入

→15時に出荷依頼(当日受付は15時が多い)

→到着8月2日

到着まで1日

その差は大きいです。

マルチチャネルにはお急ぎ便があるので、

利益額は減りますが、うまく使っていきましょう。

リピート率が変わってきます。

沖縄への発送日数が絶望的

マルチチャネルは沖縄へのお急ぎ便がありません。

また、到着まで1週間以上かかります。

普通に配送を行うと、3日ー4日です。

あまりにも遅いです。

必ず注意書きで沖縄離島のケアを行いましょう。

反対に北海道への配送は早いです。

本日1件北海道発送がありましたが、

2日で届くようです。

箱がAmazon

箱がAmazonロゴがつきます。

ロゴありだとAmazonで販売していることもばれます。

差額がばれた時に、信頼を失います。

しかし、これはAmazonへ無地箱依頼を行えば解決します。

バリバリ使う方は必ず依頼しましょう!

追跡番号が即時発行されない

依頼時に番号発行がされないので、

お客様への連絡が出来ません。

出荷すると出荷通知を送るのですが、

どちらにしても問題があります。

①マルチチャネル依頼後すぐに出荷通知を送る。

問題点:その場で番号通知が出来ない。

②マルチチャネルで追跡番号が発行された後に、出荷通知を送る。

問題点:出荷対応が遅いと思われる、作業が2度手間。

私は①を選んでいます。

お客様には発送時に番号が発行されない旨を伝えています。

Amazonと違って作業はできる限り軽減する必要があります。

同梱物を入れられない

チラシや、クーポン、お礼文など同梱が出来ません。

リピート客をつけるには重要な点ではありますが、

あきらめざるを得ません。

中小規模はまずはマルチチャネルから!

規模が大きくなってくれば、

自社で雇用→配送契約→同梱物入れてリピート

といった施策をとる必要がありますが、

ある程度売上が大きくならないと難しいです。

自然な流れで成長していくのがベストですね。

送料も値上げ傾向にあるので、

ぜひマルチチャネルを使い倒しましょう!

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です