(開店後)営業電話がくるので気をつけましょう。

名称未設定 1

ヤフーショッピングが開店されると、

必ずあるのが営業電話です。

本日は実際にあった営業電話を紹介します。

スポンサーリンク

前置き

実際の事例と、

あくまでヤフーショッピングが初めての開店、

という方を想定した考えを書きます。

もちろん正解ではありません

そして悪意はありません(笑)

実際の事例&解説

楽天に開店しませんか?

→「今なら特別価格」が売り文句です。

同時期に始めた友人にも同じ宣伝でした。

ヤフーショッピングと同時開店はかなり難易度が高いです。

税理士探していませんか?

→ヤフーショッピング出店は個人事業主or法人ですので、

税理事務所からも営業があります。

安いケースもありますが、長い付き合いとなるので、

電話だけでなく直接お会いして決めることをオススメします。

SEO対策します

→このケースが一番多いです。

googleが優秀になってきていて、

SEO業者は商売が立ちいかなくなっているケースが多いようです。

SEOは常に変動するので、一時は上位表示されても、

維持するには業者へお金を払い続けるしかありません。

そして、上位表示されるノウハウも通じなくなってきている現状です。

広告を出しませんか?

→これも圧倒的に多いです。

いろいろな案件が多いので、書ききれませんが、

基本はフルシカトでOKです。

広告を使うのは開店から少なくとも3ヶ月以降です。

卸商材あります

→卸から直接オファーがあります。

よく考えてください。何人のライバルに電話していると思いますか?

最後に

いろいろと書きましたが、

決して営業を批判しているわけではありません!

物販ビジネスをやる以上は、

他の人と差別化するのは重要なわけです。

営業があるということは誰でもできる、

てことですので、充分注意が必要なわけです。

時間があれば、相手の話を聞いてみてください!

こんなサービスあるんだ〜て勉強になりますし、

もしかすると、マッチングするサービスかもしれません。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です