多店舗展開の副産物

6616b503e3f5a1f96ef79aa08d0cf3e6

多店舗展開することによるメリットは、

1つだけではありません。

その副産物について記載します。

スポンサーリンク

商品はオフラインでも見つかります

ネット物販をやっていると、

どうしても仕入=電脳仕入

といった印象が強いです。

ある程度結果が出てきたら、

オフラインで商品を探しに行きましょう。

例えばこれです。

展示会一覧

もちろん物販に関係無いものもありますが、

足を使うことでまた一段と違う世界が見えます。

Amazon販売者は嫌われている

展示会で「Amazon販売しています。」

と言うと、半数の方には嫌な顔をされます。

やはり、Amazonは価格競争前提のプラットフォームですので、

荒らされるとした印象が強いようです。

また、卸している実店舗からクレームが来ることもあるようです。

名刺にも書きやすい

自社ネットショップ、カラーミー、ヤフーショッピング、

楽天を運営していると話が違ってきます。

まず名刺に記載することが出来ますし、

販売者に安心感を与えます。

出店しているだけでも恩恵があります。

売り方は一つでは無い

商談が進むだけでなく、売り方も多様な方法で行うことが出来ます。

Amazon販売ではAmazon本体が販売している場合、

白旗を上げざるを得ません。

他販路の場合は競合こそいますが、

それまでに培ったノウハウを生かすことにより、

販売が多角的になります。

在庫消化率が高まるだけでなく、

仕入できる確率アップ、売るノウハウの獲得など、

副産物が期待できます。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です