ストア アカウントは何に設定したら良いか?

imgresのコピー

本日はストア アカウントは何に設定したら良い?

をテーマにしていきます。

ヤフーショッピング出店申請時に、

記入する必要があるのがストア アカウントです。

スクリーンショット 2015-07-11 9.28.13

半角英文字もしくは記号、数字で入力します。

いわゆるユーザーIDのようなものですが、

一度決めると(おそらく)変更が出来ませんし、

何より変更するメリットがありません。

簡単に決める箇所がありますが、

今後のストア運営に関わってきますので、

注意して設定をしていきましょう。

スポンサーリンク

結論

・誕生日や自分の名前、絶対にダメです。お店に関係のある記述を。

・商品に関する適切なものがあればそれを使用してください。

例)野球道具を販売するなら、「baseball」を使う

・長すぎてはダメ

では解説をしていきます。

ストア アカウントて何?

ストア アカウントは、

ヤフーショッピング1店舗ごとに与えられる管理番号のようなものです。

ですので、2〜3店舗と増やしていけば、それぞれに与えられるものです。

使用場面としては、ヤフーショッピングが提供している、

ストアクリエイターPRO(ショップ作成画面)のログイン時くらいしかありません。

しかし、重要な点としてはURLにストアアカウントが採用されることです。

a

上は時計を販売しているストアです。

赤線部分がURLです。

さらにアップします。

b

ここがストアアカウントになります。

数年間はストアを運営する前提で進めていくので、

いかに重要かが分かると思います。

自分の名前や、意味のない数字などを並べるのではなく、

取り扱う商品やストア名をつけるのがベストな選択です。

長すぎてはいけない

URLに関わるのであれば、

たくさんのキーワードを詰め込むのも間違いではありません。

しかし、長すぎるとショップ構築時に足を引っ張ることがあります。

ストア構築の際に使用するのが「フリースペース」というものです。

ここではHTMLを利用して、ショップをカスタマイズできるパーツです。

ここを攻略しない限りは魅力的なショップは作れません。

※いずれ記載します。難しくありません。

では、なぜ長いとダメかというと、

フリースペースに入れられる文字数上限は5000文字です。

・画像貼り付け

・リンク貼り付け

2点をストア構築時に使いますが、

いずれもストアアカウントを文字に含めないといけません。

ストアアカウントが長すぎると、

当然ですが文字数が増えます。

入れたい内容が多いにも関わらず、

それが出来ないという事にもなりかねません。

1回や2回ならまだしも、

ストアを作っていく上では100回以上ストア名が入るので、

ちりもつもれば…と後悔しても遅いです。

最後に

色々記載しましたが、ストア名と比べると、

そこまで神経質にならなくても良い内容です。

すでに取得してしまっているなら、やり直す必要もありません。

あくまでまだ取得していない方向けの記事となります。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です