副業〜脱サラするまで、私の経験談

5b2727acfd8390cbc4bfa75dd8c6a482

私の副業〜脱サラまでの経験談です。

本日よりしばらく「独立、脱サラ」について書こうと思います。

脱サラは決して簡単ではありません。

簡単に会社は辞められるものではありません。

それは、小さい頃からの学校教育が影響しています。

日本は規律やチームワークを中心としてことを教わります。

日本では会社員が一番多い為、9割以上は会社員の親に育てられます。

会社員であることが当たり前になります。

ホリエモンは「会社なんて辞めれば」と気軽にメディアで言いますが、

会社員時代の私は「そんな簡単じゃないよ!」と思っていました。

ですが、

いざ経験してみると私の認識が間違っていました。

会社を作る人や、個人で稼ぐ人は、

特別なスキルやアイディア、才能が溢れる人だと思っていました。

ですが、それは間違いです。

明確にプランを持って、時間や労力を惜しまず投資できれば、

誰にだって可能です。

(努力しない人は含めていません)

もし、副業にチャレンジはしているが会社をやめるのが怖い。

私には無理だ。

と、思っている方がいましたら今日の体験談で、

なにかのきっかけになると幸いです。

スポンサーリンク

副業〜脱サラ

初めての副業

私が初めて副業、投資と呼ばれるものに興味を持ったのは今から6年前。

名著「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだのがきっかけです。

このような世界があるのだと、ただただ驚いたのを思い出します。

その本をきっかけに様々なことにチャレンジしてきました。

その時に経験した副業がいくつかあります。

・フルコミッション営業

・セミナー講師助手

・ブックメーカー投資

今思うと怪しいのもありますが笑

会社外から収入を得ることが出来たことがとても嬉しかったです。

ただ、営業に関しても、セミナーに関してもお小遣い程度。

とても食べていける収入にはなりませんでした。

ぜんぜん成績を残せず、挫折したのを思い出します。

会社に依存する毎日

副業を始めた時からずっと心の中に抱えていたのは、

「会社を辞めたい」という気持ちです。

それとは裏腹に会社に依存するしかありませんでした。

何をどうしたら会社を辞めれるのか分からない。

そもそも辞める勇気が湧かない…。

株式投資に出会う

株式投資を始めたのは約4年前です。

ちょうどアベノミクス前にあたるタイミングです。

運も重なり自分の投資法がヒットしました。

株式投資で初めて自分の資産を利用して資産を増やすことが出来ました。

会社に依存しないで資産が増えることが、

とてもとても嬉しかったのを思い出します。

輸入ビジネスに出会う

輸入ビジネスに出会ったのは1年前です。

会社に依存をしなければ生きていけない私は、

苦境にたたされていました。

前の会社では急な人員整理により、

自由退職の道を選んでいました。

ありがたいことにすぐ就職が決まりましたが、

とても過酷な環境が待っていました。

脱サラを強く意識したのが1年前です。

このままでは人生を見失う・・・。

この数年間会社を辞めたいけど、それを先延ばしにしてきた

つけがきたと反省をしつつも、前に進みました。

独立する方法はないか?

たまたま出会ったのが輸入ビジネスです。

怪しいと思いながらも藁をすがる思いで始めました。

はじめて売れた時の気持ちは今でも忘れません。

株式投資ですでに経験していたものの、

自分の選んだ商品が売れてそこから利益が発生する。

こんなに嬉しいことはありませんでした。

「これならいけるかも…。」

残業後、出勤前、睡眠時間を削って打ち込むことになります。

とにかく独立することが目的だった

今思うとひどい仕入れが多々ありましたし、

利益率も10%以下で目もあてられない状況でしたが、

とにかく独立するために月利30万は稼がないといけないと必死でした。

妻は好意的ではありませんでした。

「怪しい」

「大丈夫なの?」

「本当に辞める気なの?」

しかし、毎朝4時に起きてリサーチする姿を見せ続けたことで、

少しづつ姿勢が変わってきました。

12月に賭けていた

独身ならともかく既婚であれば独立することは簡単ではありません。

特に妻の納得なしでは決して良い方向には進みません。

私は12月に納得できる数字を出して、納得してもらおう。

そのように考えていました。

大事なのは言葉よりも、結果です。

11月後半には販売する在庫をとっておき、

12月1日に一斉に売り出しました。

仕入れも予定より多く仕入れとにかく利益を追求しました。

(これが後々大きなダメージになりましたが笑)

結果、平成26年12月に月利35万を達成することが出来ました。

12月の影響はあれど説得力は抜群です。

12月末に妻に脱サラすることをつげ、了承をもらいました。

会社へ退職願いを出す

12月28日に会社へ退職をつげました。

めちゃくちゃ緊張しました。

もう話すのが嫌なくらい。

本当に大丈夫なのか?

やっていけるのか?

相手はどう思うのか?

頭の中でぐるぐる回ります。

いろいろ話し合いの結果1ヶ月後に辞めることに決まりました。

最後の1ヶ月精一杯力になって辞めると決心をしました。

まさかの当日退職

退職をつげてから5日後の1月3日。

(サービス業だったんで年末年始も仕事)

直属の上司から全ての権限を奪われました。

うまく伝えられるかわかりませんが、

私が最後に横領や泥棒をしないように全ての仕事を取り上げられ、

私に残されたのは掃除や雑用でした。

1ヶ月間会社の力になるために全力を捧げるつもりでしたが、

それすらさせてもらえない。ましてや疑われている。

この1ヶ月は私にとってなんの意味があるのだろうか…。

それを上司にぶつけたところ、

「お前が勝手だからこうなった」

「この1ヶ月はお前が決めるんじゃない、会社が決めるんだ」

「横領するかもしれないんだから当然だろ」

ひどい言われようです。

応戦したところ、

双方の同意で当日退職になりました。

6年も脱サラしたいと心に秘めてきて、

脱サラ決定までたったの10分

会社辞めるのはこんなに呆気ないのか…

拍子抜けしたのを思い出します。

1年前に苦境にたたされていなければ、

輸入ビジネスに出会ってなければ、

半年間本気で副業に取り組んでいなければ、

今の私はなかったと思います。

最後に

脱サラしてから約9ヶ月経ちました。

はじめは収益も安定しませんでしたが、

今は会社員時代より3分の1の時間で、

2倍の収益をあげることが出来ています。

これは独立してから必死で努力をした結果です。

そして私と同時期にやめたビジネス仲間も同じよう結果を出しています。

今の時代、会社に依存して生きていくのはリスクがあります。

私は必ずしも脱サラ推進派というわけではありません。

本業も生き生き取り組んでおりながら、副業をこなしている人をうらやましく思います。

40歳を超えて会社から無情に捨てられていく上司。

残業が多すぎてうつ病になった同僚。

そんな会社に壊されてきた人を見ていると、

苦しんでいるのは一部の方だけではないと思います。

もし、会社を独立したいと思っている方。

まだ何もやっていなければ何でも良いです。

副業を取り組んでみてください。

輸入ビジネスを副業で取り組んでいる方。

独立したいなら努力なしでは絶対に無理です。

一定の収益もあげて独立したいけど踏ん切りが付かない方。

独立することはそんなにハードルは高くありません。

乗り越えればただの障害物の一つです。

私の体験談がなにかのきっかけになることを願います。

スポンサーリンク

ツイッター始めました。フォローお願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です